スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
語学習得へのみち
2006/03/28(Tue)
恥ずかしながら、こんなモノを頂いてしまいました。

certificate-001.jpg



フランス語のグレード2の試験に合格しましたという証です。
すごい?!すごそうでしょ。
ちなみにどのくらいすごいのかと言うと、

グレード2のレベルだと、
簡単な文章を理解でき、シンプルな質問に答えることが出来て、さらに基本的な形の文章を書くことが出来る、だそうです。
実際はね、う~ん、書けませぬ。。。

ちなみに我が家の会話構成は

      昨年        現在
英語   100%   →   85%
日本語    0%   →   10%
フランス語  0%   →    5%

となりました。これはかなりの変化ですよ。
でも確実に私のフランス語は夫の日本語に負けてます。  
フランス語をなんとか5%維持できているのは、なんでもウィ!かノン!で答えてるから
だと考えられます。


で、今後どうするかと言うと、
夫は次のタームに向けて意欲満々なのですが、私は独学に変えます。
なんでって、・・・もうクラスについていけなくて。(泣)
始めの頃はなに言ってるか分からなければ、その場で聞いてなんとかなっていたのですが、
最近分からないと子守唄みたいに聞こえてきて授業中眠くなっちゃうんです。
先生も、分かる人たち中心に進めていくから、分からない人はどんどん取り残されてしまってね。
学校に行くのが少々ストレスに感じてきてしまったんです。
なので、もう行きません。はい。

勉強って楽しくないと続かないですよね。
特に語学なんて必要に迫られてなければやらなくてもよいわけだし。
私もフランス語を今あせって勉強する必要はありません。
でもね、何でもこつこつと続けていくことに意味があるんじゃないかなと思うのです。
だから自分のペースで続けていくつもりではあります。
(・・・ここで宣言したら逃げられない、と自分を追い詰めてみたり。。。)

ところで、なぜフランス語を勉強しようと思ったの?と聞かれるのですが、それは、
昨年訪れた、海の近くのカフェで働いていたフランス人の男の子がとても素敵で、
そして、彼のフランス語がとても心地よくて、うっとり聞き惚れてしまったからです。
と、動機はいたって不純です。



スポンサーサイト
この記事のURL | 学ぶ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
先生は大変!
2006/01/17(Tue)
今月から日本に帰国した知人の後任として日本語を教えることになりました。
生徒は6歳の女の子。
両親に日本人を持たない彼女の普段の会話はポルトガル語、学校では英語、
そしてヘブライ語も勉強中。
日本に行ったことのあるママさんが日本の文化に魅せられて自分の子供にも是非日本語を学ばせたいと思ったというのがきっかけで始めたそうなのですが、当の本人はあんまり興味ないというのが本音。

学校から帰ってきてまた勉強ってそりゃ楽しくないよっていうのは分かっているのだけど、
ママさんは“夏までには日本語で会話ができるようになって欲しい!”とかなりの気合の入れようで、ものすごく期待をかけられているのがひしひしと感じます。
でも、興味のない彼女の気を引くのは結構大変。45分のレッスンの中で本当に日本語の勉強になっているのは半分くらい。
あとは絵を描いたりとか、学校の話とか友達の話とか。
どうにか最後には日本語のほうに話を持って言って、じゃあこれ宿題ね~
と言って課題を渡してみるのだけど、一向にやってる気配なし。
ママさんは日本語がちょっと話せるので、ときどきは日本語であいさつしてみてね、
と言ってみたものの、う~んたぶんやってないだろうなぁ。
ほかに2歳と4歳の子供たちを抱えるママさんにはそんな余裕もなさそうだし。。。

というわけで、ロンドンの日系の本屋さんだったら何か使えるものがあるかもしれない
と思い早速行ってみたのですが、そこでの店員の対応にがっかり。
知人が以前この店で購入した子供のためのテキストと同レベルのテープかCDを探していることを伝えると、

イギリスで日本語勉強してる子供はみな日本人学校に行きますから、うちのような店にテキストを買いに来る人はいません。 そのようなものはうちにはありません。
それに、うちでは子供と言ったら中学生レベルになりますから、ですって。

なに!じゃあ独学で勉強している人はどうしろって言うんじゃ~!って
のどもとまで出かかってたけど一応私も接客業してる身だし、ここでいちいちかりかりしててもしょうがないと思って、分かりました~と素直に納得した振りをして、日本語のコーナーに行って自ら探してみました。ちゃんとありましたよ。子供のためのなんとか・・・というのが。でも結構高かったので結局は買わなかったのですがね。。。

まぁ、それはさておき、

6歳って日本では小学校1年生くらいかな。当時の私は学校には遊びに行っていたようなもんだし、地球の裏側にイギリスという国があることすらきっと知らなかったはず。今は時代が変わって子供のうちから習い事いっぱいして・・・って言うのは普通なのかも知れないけど、ここに日本という国があるということ、日本語をちょっとしゃべれる6歳児がいるってことだけでもすごいと思うんだけど、それでは世の中についていけないのかな。
あぁ、夏までにぺらぺらって気が重いなぁ~。
でもやるからにはなんとかして“会話”が成立するまで頑張って欲しいと思うし。。。
どなたかよい知恵があったら教えてください!
この記事のURL | 学ぶ | CM(6) | TB(0) | ▲ top
夜のフレンチ珍騒動?!
2005/12/20(Tue)
秋から始めたイブニングクラスのフランス語講座の今タームのレッスンが無事終わりました。

レッスンの最終日、1人の生徒からの提案でフランスに関する食べ物、飲み物を持ち寄ってミニパーティをしようということになりました。みんなそれぞれパテやらプロシュートを持ってきていてかなり本格的。
時間がなかったので、スーパーのチーズクラッカーで済ませてしまった私はちょっと肩身が狭かったですが、みんながすすめてくれるので遠慮なく頂いて楽しませてもらいました。

みんなで和気あいあいと食べながら飲みながらレッスンをすすめていると、突然の非常ベル。
わけも分からず私たちは外の駐車場に出されてしまいました。指示が出るまでしばらく待っていると、どうやら出火元は私たちの教室だったことが判明。
でも教室で火は使ってないし、ん~おかしいと首をかしげながら教室に戻ると強烈な匂いが。。。

そう、フランスの美味しいチーズです。
きっとこの匂いが火災報知機に反応したんだよ! あぁそうだそうだ!って絶対そんなことないと思うんだけど、単純な皆様、いきなり窓を開けだして、これで大丈夫!・・・って何が大丈夫なのか?!
結局レッスンの残り時間も20分程度になってしまって、みんなまじめにレッスンを受けるような気分ではなくなってしまったので、持ち寄った食べ物を囲んでおしゃべりして終わりました。
先生だけは最後までみんなにフランス語で話しかけていましたがね。。。

そういえば、フランスに行った時に買ったカマンベールをラップでぐるぐる巻きにして日本に持ち帰ったとき、成田に着いて荷物を入れる棚の戸を開けたときに匂いが充満して周りから臭い~とブーイングを受けてしまったのでいたたまれなくなって空港のゴミ箱に捨ててきてしまったことがあります。
でも火災報知機に反応はしないと思うけどねぇ。。。
この記事のURL | 学ぶ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。