スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ぶどうジャム
2005/09/28(Wed)
grapejam_grape.jpg

庭のぶどうがよい感じに色づいてきたので
ぶどうジャムを作ってみることにしました。
今回は工程もご一緒に。


grapejam_washed.jpg

ぶどうはよく洗ってざるにあげます。
皮と種はついたままお鍋に入れます。


grapejam_boil1.jpg

強火で15分ほど煮ます。


grapejam_boil2.jpg

木べらで実をつぶしながらコトコト。


grapejam_drain.jpg

果肉がやわらかくなったら漉し器で漉します。残った種と皮は捨てます。

漉した果汁を鍋に入れ、砂糖を加えアクを取りながら弱火で15分ほど煮ます。
(*ぶどうの糖分によって砂糖の量を調節します)
火を止める前にレモン汁を加え、1分ほど煮たら出来上がり。


grapejamjars.jpg

熱いうちに煮沸した瓶に移して密栓し、逆さまにします。
こうすると殺菌効果が得られるそうです。
1~2分したら元の状態に戻します。
保存期間は約1年です。

でもね・・・
この記事のURL | 作る | ▲ top
和食の晩ごはん
2005/09/26(Mon)
eel_dinner.jpg

友達に日本からのお土産で頂いたうなぎを使って
和食の晩ごはんにしてみました。

私の住んでいる町には日本食材屋さんがないので
和食は我が家にとってはとてもゼイタクヒン。
日本食レストランは1軒あるらしいのですが
まだ行ったことはありません。


eel_dinner2.jpg

いや~、うなぎがつやつやですわ。
おかわり!って思わず言いたくなっちゃうくらい。
こんな美味しいうなぎがでてきたら食が進む、進む。
でも、おかわりはなし。。。

レトルトのうなぎだったのですが、
それを感じさせず、油がのって柔らかくて美味しかったです。
もちろん、タレと山椒も付いてます。

お店のサイトはこちら(←クリック)
海外発送はしていないみたいです。
でもパッケージには英語で調理法も書いてあって
海外へのお土産にどうぞ~とありました。
外国人にも人気があるのでしょうね。
ちなみに我が夫もうなぎは大好物の1つです。


この記事のURL | 食べる | ▲ top
犯人は誰だ?!
2005/09/25(Sun)
basil.jpg


買ってはいつもダメにしてしまうバジルが今回はスクスク成長中。
手入れなんてほとんどしてなかったんだけどね、
なんでだかとても元気。何をやったらこんなに元気に育てられるの?
すごい!と褒められた矢先・・・



basil2.jpg

やられた。

いっぱい食べられてる。

しかもちょっとずつほとんどの葉に手をつけられてる。

ふんのような黒い物体もあちらこちらに。。。

ねずみ?

クモ?

アリ?・・・のふんにしては大きいよね。

3日くらい続いてるけど、ねずみの音なんて聞いたことないし、

いったい何の仕業?


この記事のURL | 暮らす | CM(2) | TB(0) | ▲ top
暮らすように旅する vol.4
2005/09/22(Thu)
 
ayu-coach2.jpg
 
    あっという間の6日間。
    ついこの間、このバス停で再会したのが遠い昔のように感じます。
    このバスに乗ったら行ってしまうのね、と思ったら涙があふれてきました。


ayu-coach.jpg

    これが最後の別れじゃないとは分かっているものの、やっぱり別れは寂しい。
    手を振るayuを見ながら、いろいろなことを思い出してしまって
    ぐっと来てしまいました。
    でも、そろそろ出発の時間。
    また、会おうねと言い合いながらayuのバスは行ってしまいました。


ayu-card.jpg

    ayuが私たちにくれたカード。
    心温まるメッセージに思わずうるうる。
    つたない英語ながらもなんとか訳して夫に伝えると
    夫の目にも光るものが。。。

    イギリスに来てから毎日の生活はこなしてきた(?!)ものの
    心からいろんなことを話せる友にはなかなかめぐり合えず
    そんなときにふと遊びに来てくれたayuにはとても感謝しています。
    私のことを心配してくれていた夫もayuが来てくれて楽しい時間が過ごせて
    本当によかったね、と喜んでいました。
    
    ありがとう、ayu。 また会う日まで。。。

この記事のURL | 暮らす | CM(3) | TB(0) | ▲ top
暮らすように旅する vol.3
2005/09/21(Wed)
車を借りてSuffolkにある村、OrfordとAldeburghへ。

ayu-orford2.jpg

    Orfordに到着。
    レストランの予約まで少し時間があるのでぶらぶらすることに。
    住宅地を抜けると草原が広がっていました。


ayu-seeboats.jpg

   海が見えてきたよ。
   小走りに海へと向かうayuと夫。


ayu-castle2.jpg

   町を歩いているとお城を発見。
   ここからの景色は最高です。
   遠くに灯台も見えました。


ayu-oldcar.jpg

    クラシックカーで旅するカップルに遭遇。
    ぶ~んとものすごい音のエンジンと共に去って行きました。
    あんな車でドライブしたいねぇ、と意見一致の私たち。


ayu-oysters.jpg

    今回のメイン。オイスターのレストランへ。
    以前この町を訪れたときにこのレストランを見つけたのですが
    閉まっていたので、いつかまた来たいと思っていたのです。
    今日はパーティのお客さんでいっぱいで少しがやがやとしていたので
    大丈夫かなと心配していたのですが、ランチに登場した魚介類はとっても
    新鮮で予想以上に美味しかったです。


ayu-eatoyster.jpg

    オイスターが口の中で溶けてく~。
    美味しい、美味しい・・・。
    口から出るのはこの言葉ばかり。
    食べるのに夢中で無言の時間がしばし続いていました。


ayu-fishshop.jpg

    レストランのとなりにあるお店でお土産を購入。
    日本にいるayuパパさんへのお土産のつもりだったのですが
    ayuから我が家へのプレゼントとして頂くことに。。。
    (*ayu、ありがとね。)


ayu-seaandsky.jpg

    Orfordから車で10分ほど行ったところにある海辺の町Aldeburghへ。


ayu-sea.jpg

    海からの風がとても気持ちよくて思わず寝そべって空を見上げたり。
    こうやって海を見ていると時間なんてあっという間に過ぎてしまう。
    私たちが高校生の頃、学校が終わった後によく自転車で海まで行ったよね。
    あの頃が懐かしいね・・・。


ayu-building.jpg

    海辺にある建物。
    らせん階段が素敵なこの建物の1階は小さなギャラリーになっていました。


    ayuのイギリス滞在もいよいよ明日が最終日。
    久々の再会は嬉しかったけど別れはつらいな。。。
この記事のURL | 暮らす | CM(0) | TB(0) | ▲ top
暮らすように旅する vol.2
2005/09/21(Wed)
ayu-pickingpear.jpg

   のんびり朝寝坊の日曜日はお庭の梨狩りから。
   美味しい梨を見つけてね。


ayu-pickinpear2.jpg

   美味し~い梨探しのためにはさみとポットを抱えるayu。
   実はこの後来たパパさんたちに、梨はひねれば簡単に採れるんだよ
   と教わったのでした。


ayu-peartarte.jpg

   じゃ~ん。タルトの出来上がり~。
   このタルトの味を試してもらいたかったのでayuにも手伝ってもらって
   一緒に作りました。
   前回のタルトより実が大きいのでいっそう美味しそう。
   でも、夕食後のデザートまでのお楽しみ♪   


ayu-carlpickingberries.jpg

   パパさん夫妻が来るまでまだ少し時間があったので、近くの川沿いまで
   散歩することにしました。
   ブラックベリー採って!のお願いに答えて木に登る夫。
   でも美味しいところはほとんど持って行かれちゃったみたい。
   小粒の実をいくつか摘んで持って帰りました。 
  

ayu-riverside.jpg

   往来するボートを見ながらのんびりするayu。
   ここにいると時間はゆっくり流れているんだなぁと感じます。


ayu-dinner.jpg

   パパさん夫妻を交えての今日のディナーはメキシカン。
   手巻き式に始めは困惑してたパパさんも気がつけばお腹いっぱいに。
   そして、食後はもちろんタルト。
   やっぱりね、前回より梨たっぷり使ったので美味しい!
   奥さんにレシピが欲しい!と言わせてしまうほどの上出来に
   私もayuも大成功。歓喜の拍手!!の夜なのでした。


   明日ayuはロンドン散策へ。
   私は家のことを少々。一応これでも主婦ですからね。。。
この記事のURL | 暮らす | CM(0) | TB(0) | ▲ top
暮らすように旅する vol.1
2005/09/21(Wed)
    我が家に滞在していた友人ayuが日本に帰って行きました。
    ayuと過ごしたこの数日間の日記を
    ~ 暮らすように旅するayuのイギリス滞在日記 by Kay ~
    としてお送りします。


ayu-sky.jpg

    今日は朝からサイクリング日和のとてもよいお天気。
    早起きして自転車でとなりの村までサイクリングに出かけました。

          なんて空が大きいんだろう。
                  雲がつかめそうだよ。

ayu-scone.jpg

    村の中にあるティールームでひと休み。
    こんなに大きいスコーン見たことないよ~と驚くayu。
    クロテットクリームを付けて召し上がれ。
    太陽の下で食べるスコーンは本当に美味しいね。

ayu-tearoom.jpg

    もの思ひにふけるayu。
    東京の喧騒を思い出しているのかな。。。
    ここは、日本で毎日忙しく働くayuに仕事のことは忘れてリラックスしてもらう
    ためにどうしても連れて来たかった場所。
    とっても気に入ってくれたようで私も大満足です。

ayu-babies.jpg

    パパ早くスコーン持ってきてくれないかな~と待ってる小さな男の子たち。
    ちらちらこちらを見ていたのでもう1回見てくれないかなとカメラを向けていると
    ママににらまれてしまいました。とほほ。。。

ayu-withcows.jpg

    ティールームを後にし再びサイクリングへ。
    自転車を押しながら川沿いを歩いていると牛たちに遭遇しました。
    こんなに近くで牛見るの初めてだよ~と興奮気味のayu。
    牛をバックにパチリ。

ayu-berries.jpg

    牛と遊んでるayuを横目に私はブラックベリーを発見。
    すでにほとんど美味しいところは摘まれてしまったようですが、
    まだ少し残っていました。
    ここのブラックベリーは甘くて美味しい。
    きっと牛の落し物の栄養が行き渡っているのねぇ。。。

ayu-pickingberries.jpg

    ayuもブラックベリー摘みに夢中。
    美味しいねぇって言いながら摘んでは食べ続けてるよ。
    大きくて美味しいベリーを探す目はまさに真剣そのもの。
    もうそのくらいにして。涼しくなってきたから家に帰ろうよ。

この記事のURL | 暮らす | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ついに来た!
2005/09/19(Mon)
ただいま我が家に日本から遊びに来てくれた友人が滞在中。
今まで引きこもっていた(?!)せいか、久々の遊び相手の登場に
毎日しゃべりにしゃべって、へとへとになるまで連れ回して遊んでもらっています。
こんなふうに私のカモにさせられるとは思っても見なかったであろう彼女から
素敵にお土産を頂きました。

eggtarte.jpg


イギリスに来る前にポルトガルを旅してきたので、
ポルトガル土産より、“エッグタルト”。
皮がパリパリでカスタードがとろ~んととろけてとっても美味しい。
イギリスのスーパーにあるエッグタルトとはえらい違いです。
粉砂糖とシナモンを振りかけて食しました。

そしてこちらが、

japanesegift_fromayu.jpg

日本からのお土産。
素敵なセレクションに思わず感動してしまいました。
一保堂茶舗のお茶セット。
源吉兆庵の和菓子セット。くずきりとようかんなり~。
うなぎ丸ごと1匹。
日本の上質な紙で出来てる雑誌たち。

包装紙もいちいちセンスがよくて、さすが日本だわ、と思ってしまいました。
イギリスでもラッピング用品は手に入りますが、ヘンに派手過ぎてしまったりして
自分の好みのものがなかなか見つかりません。
シンプルだけど味のある日本のデザインにはいつも感心させられますが、
今回も心を奪われてしまいました。

ほかにもお土産をいろいろ持って来てくれたのですが、これ全部ポルトガルでも
持ち歩いていたのかと思うと、本当に申し訳ない気がしました。
お返しに私からはイギリス満喫の旅をプレゼントしなければ・・・
と思いつつ私が一番楽しんでいるのですが。。。
ayuのイギリス珍道中、これからどうなることやら?!

この記事のURL | 暮らす | CM(3) | TB(0) | ▲ top
アフタヌーンティをご一緒に
2005/09/10(Sat)
かねてからお会いするのを楽しみにしていたあめママさん
念願のクリームティーに出かけてきました。

実は今回初めてお会いするのでちょっと緊張していたのですが
あめママさん、はじめまして~と簡単に挨拶をすると早々に
初対面ですみませんが、車まで来てもらえませんか?
とおっしゃるのでその一言に
緊張の糸もすっかり解けてしまいました。

駐車場まで行くのに時間がかかって遅れてしまうとのことで
あめママさんが先に待ち合わせの場所に私を探しに来てくれたのです。
その後一緒に車に向かうとそこにはママ友さんとすやすやお休み中の
アメたんが待っていました。
1歳8ヶ月のアメたん。写真では見たことあったけれどやっぱり
実物はもっと可愛い。生のアメたんに思わず感動♪
車を駐車場に止めた後、クリームティーのカフェに移動しました。

お天気がよかったのとちょうどランチの時間だったので
なかなかテーブルが空かなかったのですが、ちょっと待ってみると
空きそうな雰囲気だったのですかさず外のテーブルをゲット。
太陽の下でのクリームティーに会話も弾みました。

とても大きくて美味しいスコーンにはアメたんも大満足。
スコーンを握り締めては待ち行く人たちに笑顔を振りまいていました。
せっかくカメラ持っていたのに、私もスコーンとおしゃべりに夢中で
すっかりカメラのことを忘れていました。

お腹が満たされたあと、近くの公園へ移動することに。
あめママさんがシートを持ってきてくれたので
芝生の上にシートを敷いてゆっくりくつろぎました。

偶然にもあめママさんは、日本にいらしたときは私の隣の駅に住んで
いらっしゃったとの事。
ママ友さんも横浜にいらっしゃったことがあったのでローカルな話で
盛り上がりました。

私たちが話に花を咲かせている間にアメたんはと言うと。。。

とにかく走る、走る。
目を離すとついつい遠くに行ってしまうので
その度に追いかけなくてはならないのであめママさんはひと苦労。
花を摘んでは通り過ぎる人に見せてアピールしてみたり、
まるで何でもないかのように見知らぬ人に混じってちょこちょこと
歩いて行ってしまう可愛いアメたんですが、ママとしては心配ですね。

話は尽きないのですが、
雨が降ってきてしまったのでひどくならないうちに今日はお開きに。
いっぱいしゃべって笑ってとても楽しい1日でした。
近いうちにまたお会いしましょうね。

amelia1.jpg

アメたんと追いかけるあめママさん。
この記事のURL | 遊ぶ | ▲ top
夏休みの続き
2005/09/09(Fri)
コテージに滞在中の1日を利用して、Monsal Headというところに
ハイキングに行って来ました。
ここはPeak Districtの一部で景色のきれいなハイキングコースとして
有名な場所で、各地から多くのカメラマンたちが、絶景の写真を求めて
訪れる場所でもあります。
私たちが訪れた日は残念ながら霧がかかっていて何も見えず。
晴れていればきっと素晴らしい眺めであっただろう渓谷も
真っ白な霧に覆われていました。

お昼過ぎになってようやく太陽が顔を出してくれたので
写真撮影開始!といきたかったのですが
そのころにはアップダウンの丘を越えた後だったのでぐったり。
あげくにランチを目掛けて行ったパブがどこも閉まっていて
ご飯にあり付けず。。。
(注: ハイキングの際は食料持参をおすすめします)
そんなわけでとても写真をなんてところではなかったのですが
それでもなんとか数枚収めることができました。
自然の景色をしばしお楽しみください。


walking_matlock.jpg

森の中をずんずん。こんな景色がいつまでも続きます。

walking2_matlock.jpg

ここは人が通れますよというサイン。
こんなワイルドな場所歩けるの?ってところもこのサインがあれば大丈夫。

bridge_matlock.jpg

ここには昔電車が通っていたそうです。
ところどころにプラットフォームの跡が残っていました。

dale-farm_matlock.jpg

可愛らしいファームのサイン。

cows_matlock.jpg

丘を登る途中に牛たちを発見。
うちの近所で見る牛に比べてなんだかスリム。
やっぱり草が違うのかな?!

baloon_matlock.jpg

気球が見えてきました。

redsky_matlock.jpg

真っ赤な夕焼け空。
明日はお天気になるといいな。。。

mist_matlock.jpg

コテージ最終日。出発の日の朝。
丘を下る途中で霧が見えてきました。
澄んだ空に漂う白い霧がとても幻想的でした。


ひたすら歩くこと8.5マイル(約13km)。
なんでこんなにきついところに連れて来られなきゃなんないのー!
こんなの拷問だー!
とブーブー言いながらもなんとか目的地に到着。
でも終わりよければ全てよしと言うけれどまさにその通り。
とても気分爽快で、まだいけたかも?なんて思ってしまいました。
イギリスには至るところにハイキングコースがあるので
機会があればこれからもチャレンジしてみようと思ってます。

この記事のURL | 出かける | CM(2) | TB(0) | ▲ top
夏休み
2005/09/09(Fri)
ちょっと遅めの夏休み。
夫の家族に会いに行って来ました。
出かけたのは、パパさんの住むStoke-On-trentを拠点に
義弟の住むMatlock、そして、そこから車で15分程度のところに
あるコテージをママさんたちと借りて一緒に過ごしました。

stokemap2.jpg

真ん中にある青い丸のところがStoke-On-Trent。

         ↓拡大図

stokemap.jpg


         *   *   *

久々の再会でちょっと緊張していたのですが
そんなのお構いなしにみんなしゃべる、しゃべる。
今年94歳になったおばあちゃんと、
グレートグレートグラニー(ひいひいおばあちゃん)になった
おばあちゃんの妹、それに3ヶ月のその孫を中心に総勢15人。
とても楽しい1日を過ごしました。

baby_matlock.jpg

3ヶ月のハリーを抱っこするおばあちゃん

cottage_matlock.jpg

私たちが泊まったコテージ。

moandgail_matlock.jpg

女同士の語らいを楽しむママさんシスターズ。

telly_matlock.jpg

ママさんの友達テリーと夫との男同士の語らい中。
こっそり撮っちゃおうと思ったらばれちゃった。。。

vontiandbau_matlock.jpg

義弟のボンティーとテリーのバウ。
よい子にしてないとビスケットあげないよ!の図。

vonti_matlock.jpg

ボンティーとじゃれる夫。


ママさんシスターズがとにかく次から次へと予定を変えるので
着いていくのが大変で途中みんながキレる場面も。。。
そして、おばあちゃんが階段で滑って頭を打ってしまい
どうなることやら心配で、帰りたいよー!って言われてしまうかと
ドキドキしていたのですが、次の日にはけろっとしていて
もうちょっとここでのんびりしてたいねぇの一言にホッとしました。
普段遠くに住むママさんシスターズと孫たちとの再会をとても
喜んでくれたおばあちゃん。
別れ際にはやっぱり涙が。。。
また会いに来るからねと約束し、コテージを後にしました。
この記事のURL | 出かける | CM(7) | TB(0) | ▲ top
ひかげのラベンダー
2005/09/01(Thu)
気がつけば今日から9月。
今年の夏は本当に短かったと思っていたら
ここのところ暑い日が続いています。
衣替えしようと思っていたのを一旦止めて
様子をみることにしました。

本格的な秋の始まりはもう少し先になりそうですが
秋は四季の中で私の最も好きな季節。
木々が色づいてきたり、
町ではブーツやツイードを見かけるようになったり、
それに食べ物が美味しいと感じるのもこの時期。
これから日照時間がぐっと短くなっていくイギリスですが
秋ならではのイギリスを発見しながら
楽しく過ごせたらいいなと思ってます。


ところで、今日は先月収穫したラベンダーで
Sachet(匂い袋)を作りました。

lavender_cukoospit.jpg

若き日のラベンダー
ひかげ育ちながら青々としていました。

lavender_jar.jpg

乾燥させて、花の部分だけを残しました。

sachets.jpg

麻の袋にラベンダーを入れて出来上がり。


結婚のお祝いのお返しをきちんとしていない愚か者の私たち。
みなさま本当にごめんなさい。(汗)
便りとともにこのSachetをお届けします。


明日からはちょっと遅めの夏休み。
夫のおばあちゃんに会いに行ってきます。
だいぶ耳が遠くなったおばあちゃん。
普段なかなか会えないので
おばあちゃん孝行してこようと思ってます。


この記事のURL | 作る | CM(5) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。