スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
クリスマスの前に
2005/11/27(Sun)
クリスマスまであと1ヶ月。
この時期、特に週末はクリスマスの準備とショッピングで大忙しのイギリスですが、私はクリスマスに向けてお仕事開始しました~。
イギリスっぽく(?!)紅茶を売っているお店のショップアシスタントなのですが、紅茶の良い香りとコーヒーの香ばしい香りが漂う店内はとてもここちよくてなかなか満足な職場です。
でも久々の立ち仕事はやっぱりつらい。。。
それにクリスマスショッピングの大荷物を抱える人たちで溢れる店内では、身動きがとれなくなるほど混み合うこともしばしば。
ギフトのために包んだり、季節のおすすめ品を薦めたりとこの時期ならではのやるべきことがいっぱいで毎日くたくたですが、仕事したぞ~って後の疲れがなんだか懐かしくて楽しんでやってます。
(・・・って言っていられるのもいつまでかは分からないけどね~)
クリスマスまでのちょっとの時間。
いろいろ学びながら社会勉強させてもらおうと思います。

というわけで、疲れてパソコンに向かうのもしんどくなって更新もますます不定期になってしまうと思いますが、お許しを~。(・・・ってこれは毎度のことですかね。。。)
コメントのお返事はきちんとしますので、よかったらコメント残していって下さいね。
スポンサーサイト
この記事のURL | 働く | CM(9) | TB(0) | ▲ top
パペット
2005/11/23(Wed)
pappet.jpg

ボランティアをしている工房での作品の途中経過です。
これ、なんだか分かるかな?

一応、民族衣装を着ている人形なのですが。。。
ただいま腕製作中。これから顔の製作に入ります。
でもね、人形に目を入れるのってちょっと苦手かも。魂が宿るとか言うしね。。。
というわけで、私はお手伝いの身だしみんながやっているの見守ることにします。

今月、来月は工房に併設されているギャラリーをオープンしていて一般の方にも作品を公開しているのですが、先週3つの作品が売れたので、みんなもますます意欲が出てさらに頑張って作っています。
せっかく手を込めて作った作品を手放すのはなんだか寂しい気もしますが、購入してくれる方がいるのはうれしいこと。
ここから離れても可愛がってもらっていることを願いつつ、これからも作品作りのお手伝いができたらいいなと思ってます。

この記事のURL | 作る | CM(2) | TB(0) | ▲ top
英語で関西風パーティー
2005/11/23(Wed)
最近知り合った、こちらに留学で来ている友達に誘われて、“日本食を食べながら英語で話そう”という
パーティーに夫と共に参加してきました。
月1回主催者のお宅で行われているパーティーの今回の日本食は“お好み焼きと焼きそば”。
お好み焼きなんてもう久しく見ても食べてもいないので、とても楽しみにして出かけてきました。

参加者は家族でイギリスに留学している方や、ボランティア留学で来ている人、それから日本に旅行してそのまま住み着いてしまってつい最近帰ってきたというイギリス人などさまざま。日本に住んでみたいなと思い始めた夫は興味シンシンで彼らにいろいろ聞いていました。

私はというと、関西出身のお好み焼き師匠のとなりでひたすらお好み焼き焼き係に徹していました。
関西では、土曜のお昼は吉本見ながらお好み焼きって本当?って聞くと、まさにその通り!
だそうで、仕切ってくれた師匠の教えもあって、とてもおいしく出来ました。
みんなも大満足で、巨大な鍋2つ分くらい用意していた材料はあっという間に全部なくなってました。
お好み焼きはみんなに大人気なんですね。
おたふくソース、しばらく買ってなかったけど我が家の常備品に加えようかなと思ってしまいました。

今回誘ってくれた友達は来週には日本に帰国してしまうのです。
せっかく知り合えたのにこんなにすぐに別れが来てしまうなんて寂しい。
こうやっていろいろな人たちに会う機会を与えてくれた彼女にはとても感謝してます。
離れ離れになってしまうけど、素敵な出会いを通していつまでもこの輪をつなげていけたらいいなと思ってます。
この記事のURL | 遊ぶ | CM(6) | TB(0) | ▲ top
極寒!
2005/11/20(Sun)
frost.jpg



ついこの間までは、なんだか暖かい秋ね~なんて言ってたのに
ここ最近めっきり冬っぽくなってしまって毎日の気温もマイナス。
イギリスの冬も日本の冬も寒いのは同じって思ってたけど
今年は大寒波がやって来るとかなんとか。。。
暖房を入れても、ババシャツ着て毛糸の靴下履いてても寒くて寒くて
末端冷え性の私はとうとうしもやけになってしまいました。
足の指が真っ赤に腫れて、とにかく痛くてかゆくて叫んでます。


ちなみに、しもやけは英語でChilblainと言います。
義理ママさんの知恵で、しもやけには玉ねぎを半分に切ったのをすり込むといい、
と言うので試しにやってみたのですが、思ったとおり臭くて、ベッドルームに
玉ねぎの匂いが充満してこれはちょっと・・・ということで断念。
結局、薬局に薬を求めに行ってきました。
でもお店の女の子はなにそれ?って知らなくて、ちょっとお年を召したお姉さんに
聞いたら分かったのですが、その店にはクリーム1つしか置いてませんでした。
ほかにチョイスがなかったのでそれを買って早速使ってみましたが、かゆみがとれな~い。
イギリスではしもやけになる人は少ないのでしょうかね???

みなさまも防寒対策は念入りに~。
寒い冬、頑張って乗り越えましょう。

この記事のURL | 暮らす | CM(6) | TB(1) | ▲ top
お知らせ
2005/11/17(Thu)
camera_ipodcase.jpg


革のケースをお作りします。

この記事のURL | 作る | CM(3) | TB(0) | ▲ top
風邪には・・・
2005/11/14(Mon)
14novembre.jpg


今朝は気温もぐっと下がって、朝起きて外を見てみると霜が降りていました。
11月はまだ秋なんだから・・・と自分に言い聞かせていたのですが、これはもう完全に冬の始まりですね。
そして、冬になったと思ったとたん、やっぱり風邪を引いてしまいました。
のどが痛くて、鼻水ずるずる。一旦風邪を引くといつも長引いてしまうのでとっても憂鬱です。(泣)

ところで、海外在住のみなさんは、薬は日本の?それとも現地の?どちらでしょうか?

私はその土地で引いた風邪は、その土地の薬で治せ派だったので今まではイギリスの薬局で
風邪薬を買って飲んでいたのですが、どうも薬が効いて治ったという気がしなくて、
最近は引き始めは日本の薬を飲んでいます。
でも、あまりに薬に頼りすぎるのも嫌なので、ハニー&レモン、レモン&ジンジャーのお湯割りを
いっぱい飲んで、さらに首には巻物、足には毛糸の靴下を履いて体を温めたりして策を取っています。

日本では風邪を引いたら医者へ行って処方箋をもらって・・・という感覚なので、
この時期多くの風邪患者たちで病院はいっぱいですが、イギリスでは風邪くらいでは
医者にかかることはなく、みんな薬局で済ませます。
これってイギリスの医療制度が最悪なので、自分の風邪は自分で治せってことから始まったのでしょうかねぇ?!

これからますます寒くなりますが、みなさまも風邪にはくれぐれもお気をつけ下さいね~。
この記事のURL | 暮らす | CM(5) | TB(0) | ▲ top
木の葉と灯り
2005/11/11(Fri)
leaf_lamp1.jpg

silverbirch(白樺)の葉っぱの形がとても好き。
公園で拾ってきた葉っぱたちをずっと電話帳の中に
はさんだままにしていました。

ふと思いついてランプシェイドを作ってみることに。

材料は、小枝、白樺の葉っぱ、松の葉、つる系の植物、麻糸。



leaf_lamp2.jpg

4.00pm すっかり日が落ちてきました。



leaf_lamp3.jpg

木の葉と灯りの相性はぴったり。
暗くて寒~い冬の訪れをひしひしと感じる今日この頃。
暖かいキャンドルの灯りをぼんやり見ていると
なんとなく心もゆったり落ち着いて
たまには冬も悪くないかななんて思ってしまうのです。
この記事のURL | 作る | CM(4) | TB(0) | ▲ top
夫の居ぬ間に・・・
2005/11/08(Tue)
天気の良い日に家の中に居ると、なんだかとても損した気分になってしまう。
かといって用もないのに町に出かけると、買わなくてよいものまで買ってしまうし。。。

というわけで、かねてから1度試してみたかったコレをやってみることにしました。

たら~ん♪


lawn01.jpg


芝を刈って、渦巻き模様を作りました。
(みんながさーっと引いていくのを感じますが・・・気にしない。気にしない。)
いつもは夫が刈ってくれるのですが、最近の雨続きとなにかと忙しくて手を付けられなかった芝は
ボーボーに伸び放題で、とても刈りがいがありました。

渦巻き模様の完成撮影会を終えた後、さてさて夫が帰ってくる前に刈ってしまいましょう。
と思っていたのですがなかなかうまくいきません。そう、根元の辺りが湿っていて、芝を刈っても思うように吸い取ってくれないのです。刈った芝は固まりになってあちこちに残ってます。
困った・・・。とりあえず、草の固まりを集めてゴミ箱へ。


lawn02.jpg


それでも、ところどころに刈れてない草が残ってます。
うわ~。ボーボーのままにしておけばよかったかも・・・と思っていると、夫が家に帰って来ました。

今日はどうだった?なんてたわいもない会話をしながら、暫く経っても庭の変化に全く気がつく様子がないので、まぁ黙っておこうと思ってた矢先、


あれ、庭刈ったの?


・・・えっ?うん。


うわぁ、やばっ!これはきっと怒られると思ってビクビクしてると


kay、ありがとう。刈っといてってお願いしたわけでもないのに嬉しいよ~。


ってなぜか褒められちゃった。

でも汚なくなっちゃったよ、まだ残ってるし。と言うと
伸び放題だったのにここまでできれば上出来だよ~。って
なんとも優しい我が夫。

思いがけず褒められて上機嫌になった私は、日が暮れるまではさみで残ってしまった草を刈るのでした。。。

lawn03.jpg

この記事のURL | 暮らす | CM(3) | TB(0) | ▲ top
作ることの愉しみ
2005/11/07(Mon)
最近、近所にある脳に障害を持った人たちのための工房で粘土細工(陶芸)のお手伝いを始めました。ほかにもウッドワークやガラス細工などが行われているのですが、ちょうど行き始めたときに粘土のボランティアが足りないということで、こちらの方をお手伝いさせてもらうことにしました。

工房には今まで作った作品やサンプルでいっぱい。中にはプロ並みの作品もいっぱいあってびっくりしました。工房に隣接したギャラリーもあって、毎年1回展示会が行われ、作品は販売もされます。

実はこういった施設で働くのは初めて。粘土を教えるのも初めてで、技術がない私に果たして教えることが出来るのだろうかとても不安だったのですが、実際に作業を一緒にしてみると、技術以上に必要なことがいろいろ見えてきます。

普段は私の英語が間違っていても、こう言いたいんだろうと予想されて会話は進んでいきますが、ここではそういうわけには行きません。
分かるように2回、3回と説明してもその後にまた同じ質問を何度もしてきます。それ、今言ったじゃん!と返しながらもきちんと答えて説明しなければなりません。なぜなら、それが彼らにとってその1回1回が最初の質問だからです。 

そして、彼らを飽きさせないために、出来るだけのことは本人たちにやらせなければなりません。手伝いたいと思ってもぐっとこらえて、もうこれ以上は限界というところまで見届けなければなりません。

自分で作りたいものを決めること。絵を見ながらあれこれと考えて形にしていくこと。細かい作業をする際に必要な集中力。1つ1つが組み合わさって大きな作品になっていく過程。完成する喜び。さらにここでは、作品を売って報酬を得るということも学びます。

物を作ることは時に机上の勉強だけでは得られないことも教えてくれます。
私はここでお手伝いを初めてから、既に多くのことを学びました。あきらめないこと。じっくりゆっくり積み上げていくこと。せかせかした私の心に少し潤いを与えてもらったような気がします。
そんな私に出来ることはやっぱり作ることの愉しみを伝えること。
私が言うことなんて彼らの頭の片隅にあるかないかも分からないけれど、作ることを楽しんでるみんなの笑顔が見たいから、私は私なりに出来ることをこれからも続けて行きたいと思っています。


この記事のURL | ひとりごと | CM(6) | TB(0) | ▲ top
秋の味覚でほろり
2005/11/05(Sat)
ブログ友のこの方にお招きいただいて、秋の味覚 “くりごはん” を堪能してきました。
イギリスではクリスマスに向けてすでにナッツ類はいろいろなところで売られているのですが、
“チェスナッツ=栗”の図式が思い浮かばなくてチェスナッツでごはんがたべられるなんて
想像もしてませんでした。
さらに恥ずかしいことに、栗は英語でマロンだと思ってました。
ちなみにマロンはフランス語です。・・・ってそんなの知らないの私だけだよね、きっと。

ところで、頂いたホクホクのくりごはんはとっても美味しかったです。遠慮しないでね
と言うあめママさんのお言葉に甘えてお代わりしてしまったのですが、
一緒に頂いた餃子との組み合わせにとにかく箸が進む、進む。
2歳のアメちゃんもくりごはんには大満足のようで、大人並みに食べていました。
カメラを忘れて写真が撮れなかったのが本当に残念!

ごはんの後はゲームで盛り上がり、時間を忘れて楽しんでたらあっという間に外は真っ暗。
ばたばたと飛び出した上に、あめママさんの運転でお家まで送ってもらって、
本当に至れりつくせりで大感謝の1日でした。

次の日、もう1度くりごはんが食べたくて、マーケットに栗を買いに行きました。
クリスマスショッピングでにぎわう町はとにかく人人人で溢れかえっていました。
人混みが大の苦手の私はマーケットに着く前にすでにふらふらになってましたが、何とか栗をゲットして
早々に帰宅の途に。


chestnuts.jpg


早速買った栗のうちの半分はくりごはん用に水に浸し、残りは秋の拾いものたちと飾ることにしました。
ナッツ類って意外と大活躍でこんな風に無造作に置いても絵になるところがいいですねぇ。

ところで鍋炊きのくりごはん、うまくいくか分かりませんが、出来たらUPしようと思ってます。くりごはんをうまく作るコツなどあったら教えてくださ~い♪




この記事のURL | 食べる | CM(3) | TB(0) | ▲ top
洋梨のジャム
2005/11/01(Tue)
昨日のハロウィン、みなさんはどんな風に過ごされたのでしょうか。
私はかぼちゃのランタンを作ろうと思っていたのに結局時間がなくて断念。
変わりにブログでランタンを作られたところにおじゃまして楽しませて頂きました。

こちらイギリスの裏事情ですが、
毎年ハロウィンの日には子供たちが卵を投げたり、壁に落書きをしたりして何かとトラブルも多く、
各家庭ではこの日に備えて家の周りにおいてあるものを倉庫に閉まったりします。
我が家も外にある2つの巨大ゴミ箱を庭の方に持ってきました。
今回は被害には遭わずに済みましたが、朝玄関を開けたらすすきでチャンバラをしたであろうと思わせる形跡が残ってました。
ハロウィンの次の日、いつも以上に掃除に追われる家庭は我が家だけではないはず。かな?!

ところで、プラム、ぶどうに続いてこのコーナー(いつのまにか勝手にコーナーに?!)
最後の登場はこちら・・・


pearjam.jpg



洋梨のジャムです。
完熟した梨を持て余していて、もうこうするしかないと思いジャムにしました。どんな味になるのかあんまり期待していなかったのですが、これがまた意外と美味しい。砂糖を控えめにしても充分甘いので、ヨーグルトなどの酸味のあるものと一緒に食べるとおいしいと思います。

材料は・・・

      洋梨・・・・・・・・・500g
      グラニュー糖・・・・・100g
      はちみつ・・・・・・・20g
      白ワイン・・・・・・・200g
      レモン汁・・・・・・・大さじ1
      バニラエッセンス・・・小さじ1

作り方はとっても簡単。
洋梨は皮をむいて薄切りにし、さらに小さく切っておく。
深めのなべに洋梨を入れ、残りの材料を全て加え中火で30分ほど煮れば出来上がり♪

洋梨が食べ切れなくて困ったわ~と言う方、是非試してみて下さいね。
この記事のURL | 作る | CM(8) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。