スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
今年もあとわずか・・・
2005/12/30(Fri)
snowonthebridge.jpg


クリスマスが過ぎてほっとしてたら、もうあと数日で今年も終わり。
気がつけばこの1年もあっという間に過ぎてしまいました。
今年もいろいろなことがあったわ・・・。

ここ数日、イギリスでは雪の日が続いています。
私の住んでいる町では1、2cmくらい積もりました。
ふぁ~、雪だ~、イエ~イとか言ってる夫を横目に今日も私は自転車通勤を強いられて涙目ながらもなんとか頑張ってます。
でも、雪が降った初日には滑ったら怖いので、眠気眼の夫を引っ張って一緒に着いてきてもらいました。
ちなみに、この橋の上から見える景色はこのブログのタイトルのバックになってます。

実はね、大晦日と元旦働くと給料が2倍!と聞いていたので、ボクシングデーは休ませてもらったし、正月もお休みは悪いかなと思って働けると言ってしまったところ、イギリスでは祝日ではないので、通常の給料だということが判明してがっかり。どうりでみんなキャンセルして私だけが残ってしまったわけだよね。。。(泣)
そんなことなら元旦くらい休みにすればよかったよ~。・・・っておせちの用意をするわけではないけどさ。

というわけで、次回のブログの更新は来年になります。

みなさま、今年も大変お世話になりました。
来年もまたよろしくお願い致します。


スポンサーサイト
この記事のURL | 暮らす | ▲ top
クリスマス報告会
2005/12/28(Wed)
christmasparty001.jpg
みなさんのクリスマスはいかがでしたか?
我が家は友達が来てくれてとても楽しいクリスマスを過ごすことができました。

本日のシェフ=夫。
エプロンしてかなり気合入ってます。余計なことすると包丁飛んできそうな勢いだったので、さっさと写真だけ撮って後は友達とべらべらおしゃべりしてました。
妻としては失格ですかね。(笑)
その間に着々と料理は仕上がってきましたよ・・・


christmasparty003.jpg今回のクリスマスディナーのメイン
“おんどり(コックロー)”です。
いつも利用しているお肉屋さんにターキーを注文しようと思ったところ、今のところ予約受け付けられないし、当日入って来ても早い者勝ちで確実ではないと言われてしまったのでだったらグース?ダック?と話をすすめて言ったところ、いいコックローが入ってくる!とのこと。
身も締まってて美味しいと言うのでこれに決定。


全体の写真を撮る前にすでにスライスしてしまったのでこれは足の部分。
シューシーでとても美味しかったです。
実は初めて知ったのですが、身近で売られてるチキンはメスだったんですね。ということは、オスはどうなっちゃうんだろう・・・。優秀なオスだけが食用として育てられるのかな・・・なんて結構真剣に考えてしまいました。


christmasparty002.jpgさぁさぁクリスマスディナーの始まり!
クラッカーの中に入っている冠をかぶって準備万端です。
毎年同じようなメニューなのにやっぱりこれだけいろいろあるとうれしいもの。色とりどりの野菜は見た目も鮮やかです。
みんな待ちきれなかったのか、なくなるペースが早い。山のようにあったコックローも一気に減ってました。



christmasparty007.jpgクリスマスの定番デザート
=クリスマスプディング。
プディングと言ってもフルーツケーキをブランデーに漬け込んでしっとりしたようなものです。すごく甘くて胃がもたれる感じ。・・・ってイメージ悪くなっちゃいそうですが、私はあんまり好きではないんですよ。今回は暖めて、さらにブランデーをかけて火をつけてなんてこともしてみたのですが、やっぱり甘すぎて勘弁!って感じでした。



christmasparty004.jpgこれ、義理弟夫婦からもらったクリスマスプレゼント。
私が着ているほうには“日本人彼氏募集中”って書いてあります。これってどういう意味でくれたんだろうと2人して???だったのですが、まぁ、弟夫婦はそんなに深く考えてなかったみたいでね、もちろん。私たちがプレゼントを開けたかとっても気になってたみたいで何回か電話してきました。反応が気になるんだな、きっと。。。



前回のクリスマスショッピングのトピでちょっと触れましたが、プレゼントなんていらないって思ったことにちょっと反省しました。 いろいろな人たちからもらったプレゼントをツリーの下に置いて、それをクリスマス当日に開ける楽しみはいくつになっても同じこと。プレゼントを贈りあったりするのは考えてみれば誕生日とクリスマスくらい。私のためにと思ってみんなが時間をかけてプレゼントを選んでくれているんだなと思うと、なんだかそれだけでも嬉しい気持ちになるし、滅多に会えない人たちへの感謝の気持ちをクリスマスプレゼントに託しても悪くはないなと思いました。

そして小さな箱のプレゼントですが・・・

私が箱にラッピングをしツリーにぶら下げてる横で夫がなにそれ?もしかしてプレゼント?と言うので、うん、もちろん。

と答えると、夫は気まずそうに、

無理して買いに行く必要はないって言ったから用意してないよ。



・・・ちょっとショック。


そんなこと言ってても本当はちゃんと用意してるんじゃないの?って励ましの言葉もあったけど、今も空っぽの箱がぽつんと置いてあります。結局、プレゼントはニューイヤーまでのおあずけだそうで・・・。
このままきっと何もなく過ぎていくんだろうなと思ったりしてます。
えっ?こんなオチでは許されないって。。。?!

この記事のURL | 暮らす | ▲ top
世はクリスマス・・・
2005/12/23(Fri)
クリスマスまであと2日。
みなさんクリスマスの準備は進んでいますか?
私はこの忙しい時期にしてダウン。
仕事の疲れが溜まってか、この寒さのせいか、歳のせいか、作ったジンジャーブレッドの試食のし過ぎか、クリスマスショッピング疲れか分からないけれど、ここへ来てダウンってついてない。あぁ気分は盛り下がるばかり。

昨日は仕事を早退し、今日はお休みさせてもらうことにしました。
明日もあるし。
なんだかな、クリスマスだ~、イエーイって気分でもないんだよな。

日本にいたときはクリスマスというとカップルのための日みたいな感じで当時独り身だった私にはなんとなく寂しくなる雰囲気があったけど、イギリスは家族で過ごす日ということで素敵なイメージを抱いていました。でも箱を開けてみれば、クリスマスプレゼント探しで頭を悩ませ、借金までして揃えたりと家族のためにとは言え、なんでそこまでして買い揃えなければならないんだっていう、プレゼント品評会みたいになってる始末。あぁ面倒くさい!今年こそはやめたい!って言いながらも休みの日にはみんな町へ出かけてプレゼント探ししてるしね。

せっかくの休日。私たちも町へ出かけプレゼント探しとなったのですが、夫はすでに計画済み。その日に行く予定、買う予定のものは全部プランが出来てて準備万端でした。そこへ来て、私がちょっとここでカードを見たい、なんて言ってもそれ予定外だから、と聞く耳持たず。
でもたまの休日をクリスマスショッピングだけでつぶしたくないし、むしろ計画済みなら私が一緒に着いて行く必要はないんじゃないの?って冷静に言うと、一瞬切れるかと思いきや、ごめんね。せっかくの休みなのに。。。と分かってくれたようで解決。お互い人混みの中にはいたくなかったので手早く買い物を済ませ家に帰りました。が、

こんなにカリカリしてストレス溜まってプレゼントを買う意味がどこにあるの?私は今どうしても欲しいものなんてないし、お互いの貴重な時間とお金を費やしてまでプレゼントを渡すくらいなら、そんなのないほうがましだと思うの。だから私たちはお互いのプレゼント交換をやめよう。
と言うと、ハットしたような顔をした夫が、
kay、本当にそれでいいの?クリスマスなのにプレゼントなしでいいの?
プレゼントはなくちゃだめだよ。。。と。

でもそれを言った後に何かを考えたらしく、そうだね、プレゼントを今無理して探す必要はないよね。だったら2人で美味しいものを食べに行く方がいいよね。とちょっと悲しげながらも納得してくれたようでした。

クリスマスをとっても楽しみにしていた夫には悪いような気はしたけど、まぁいいかな。・・・と思いつつやっぱり楽しみは必要かなと思いあることを提案しました。

holly02.jpg


クリスマスツリーのオーナメント用に作ったものです。家のリサイクル箱の中から電球の空き箱を利用して作りました。中にはチョコレートが入っています。提案というのは、お互いへのプレゼントをこの4.5cm四方の箱に入れて飾り、25日に開けるということ。
ん~、どうなんだろう、このアイディア?
こんなの余計ストレス溜まっちゃうかなと思っていると面白そうだねぇと夫がのってきたので実行することに。

早速、会社や友達にこのことを話すとみんな口をそろえて、それはkayがジュエリーが欲しいって言ってる意味なんだよ、と言ってきたそうなのですが、私自身はそんなこと考えてもいませんでした。でももらえたらうれしいけどね。という私は彼へのプレゼントをまだ決めてません。4.5cmの小さな箱に収まるプレゼント、なにかあったら教えてくださ~い♪
この記事のURL | ひとりごと | CM(3) | TB(0) | ▲ top
夜のフレンチ珍騒動?!
2005/12/20(Tue)
秋から始めたイブニングクラスのフランス語講座の今タームのレッスンが無事終わりました。

レッスンの最終日、1人の生徒からの提案でフランスに関する食べ物、飲み物を持ち寄ってミニパーティをしようということになりました。みんなそれぞれパテやらプロシュートを持ってきていてかなり本格的。
時間がなかったので、スーパーのチーズクラッカーで済ませてしまった私はちょっと肩身が狭かったですが、みんながすすめてくれるので遠慮なく頂いて楽しませてもらいました。

みんなで和気あいあいと食べながら飲みながらレッスンをすすめていると、突然の非常ベル。
わけも分からず私たちは外の駐車場に出されてしまいました。指示が出るまでしばらく待っていると、どうやら出火元は私たちの教室だったことが判明。
でも教室で火は使ってないし、ん~おかしいと首をかしげながら教室に戻ると強烈な匂いが。。。

そう、フランスの美味しいチーズです。
きっとこの匂いが火災報知機に反応したんだよ! あぁそうだそうだ!って絶対そんなことないと思うんだけど、単純な皆様、いきなり窓を開けだして、これで大丈夫!・・・って何が大丈夫なのか?!
結局レッスンの残り時間も20分程度になってしまって、みんなまじめにレッスンを受けるような気分ではなくなってしまったので、持ち寄った食べ物を囲んでおしゃべりして終わりました。
先生だけは最後までみんなにフランス語で話しかけていましたがね。。。

そういえば、フランスに行った時に買ったカマンベールをラップでぐるぐる巻きにして日本に持ち帰ったとき、成田に着いて荷物を入れる棚の戸を開けたときに匂いが充満して周りから臭い~とブーイングを受けてしまったのでいたたまれなくなって空港のゴミ箱に捨ててきてしまったことがあります。
でも火災報知機に反応はしないと思うけどねぇ。。。
この記事のURL | 学ぶ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
クリスマスの準備
2005/12/13(Tue)
今年は誰が何と言おうと買うんだ!と張り切っていた夫が
週末友達と共に近所の農家に行って購入して来ました。



tree-001.jpg


じゃ~ん。本物のクリスマスツリーです。
葉が落ちないタイプの木らしくて、ゆすっても本当に葉が落ちません。
(掃除がラクだわ~・・・っていつでも現実的です。)
せっかくデコレーションするなら、ガラスか木の可愛いものがいいって思っていたのに結局そのようなものに出会う機会はなく、我が家の今年のテーマはシルバー&ブルーに決定。
でもいざお店に行ってみると、素敵なブルーのものがない~!
ので、今のところ(たぶん今年は)あっさりシルバーのみになりそうです。

すると、ちょうどあるものが届きました。

tree-_card.jpg


日本の友達からのクリスマスカードです。
デコレーションにもちょうど合っていたので早速飾ることに。
いつもいつも準備が早くて尊敬している友達のうちの1人なのですが、
あと10日で結婚式だという忙しいさなか、カードとプレゼントまで送ってくれて大感激です。
この場を借りて、本当にどうもありがとう。
そして、この場を借りてもう1つ。

この日までにカードを送ればクリスマスまでに届くというデッドラインを過ぎてしまいました~。ごめんなさい~。
これから急いで書いて送りますので、気長に待っていてくださいね♪


ところで、昨日は仕事先の食事会クリスマスパーティーでした。
仕事場以外の場所での集まりに参加するのは今回が初めて、さらに一緒に働いている子が、当日はみんな衣装を持っていって、仕事が終わったら着替えて出かけるのよ、と言っていたので、それは私もおめかしして出かけないと~と思って一張羅の光りもののスカートはいて出かけていったのに、集まってみたらみんなTシャツ、ジーパン、スニーカーでした。私ひとりで浮きまくりで恥ずかしかったです。
ちなみに言いだしっぺの子は超ハイヒールに履き替えてただけでした。
マネージャーにみんなおしゃれしてくるって聞いてたんだけど・・・と言うと、うちらはそんなことしないよ~だって。おいおい、それならそうと言っといてくれ~。

そしてそのパーティーから帰ってくると、
この記事のURL | 暮らす | CM(9) | TB(0) | ▲ top
まだ続いてたエストニア
2005/12/10(Sat)
estonia-walktoairport.jpg

タリンの空港に向かって歩いている夫です。
マイナス3度。
寒いね~って言いながら吐いている白い息が凍っちゃいそうなぐらい寒かったです。

出発日の朝、余裕を持ってアパートを出て、お茶してちょこっと買い物もしてそれでもまだ余裕、と思っていたら空港までのバスを逃してしまいました。(恥)
行きで空港からタクシーを使おうと思ったら、町まで10分のところ2000円。同じ距離をバスだと100円ですよ。これはぼったくりじゃないか~!ってことで迷わずバスにしたのですが、そのバスがないようでは歩くしかない・・・というわけでひたすら歩くこと45分。
ようやく空港が見えてきました。


estonia-sunrise.jpg

(写真には空港写ってませんが、左側の木の奥にあります。)
そしてその向こうに見えるのがきれいな夕日。じゃなくて朝日。
ただいま朝10時。ようやく太陽が昇りかけたところです。

道路を挟んで右側は海なので、太陽がゆっくりと昇っていく様子がダイレクトに見れてとっても感動的でした。 空港まで歩くなんて信じられん・・・ってブツブツ文句言ってたのですが、そんなの聞き耳立てずにすたすたと歩いて行ってしまう夫を追いかけながら、うわ~すご~い朝日がきれい~!なんて一人で感動してたら結構あっという間に着いてしまいました。 お金も節約できたし(100円だけどね)、きれいな朝日も見れたし歩くといいことってやっぱりあるのね~。

このあとの3時間のフライトで2人とも爆睡をしていたことは言うまでもありません。
さらに私は翌日から6連チャンのお仕事。
最近体力の衰えを感じるせいか、かな~り辛くて毎晩ヘロヘロになってました。週末はお休みなので羽伸ばそうと思ってます。

エストニアのお話は今回で終わり。お付き合い頂きありがとうございました♪
この記事のURL | 出かける | CM(5) | TB(0) | ▲ top
エストニアの愉快な建物
2005/12/05(Mon)
タリンの見どころは旧市街。
中世の町並みが残されていて、とてもきれいで趣きのある場所でした。当時の建物はドイツ人によって築かれたということもあって、どことなくドイツの雰囲気も感じさせます。

トームペアの丘から見える眺めは最高。だったのに、なぜか写真を撮らなかったので、トームペアにある建物を少し・・・

estonia-russianchurch.jpg

アレクサンドル・ネフスキー聖堂
1901年に支配者の帝政ロシアによって建てられたとのこと。ロシアから独立後に移転する計画があったものの、実現しなかったため今も残されているそうです。

estonia-building4.jpg

そして、その向かいにあるのが議会にもなっているトームペア城。
この日はやたらと警察官がいっぱい立っていたので、何があったんだろう?事件だ?と思って聞いてみると、EU諸国の首相が集まっているとのことでした。とても殺伐とした雰囲気だったので、びくびくしていたのですが取り越し苦労だったみたいです。

estonia-tower.jpg

丘の途中にあった塔。名前は不明です。
向こうに見えるのは新市街です。

estonia_cafe.jpg

とても雰囲気の良いカフェ。
コーヒーもケーキも美味しくて滞在中2度行きました。ふかふかのソファーが気持ちよくて長居してしまいました。

estonia-house.jpg

町を歩いていて見つけた建物。なんだかいろんなところを直してもまだ使うってかんじのタフな建物でした。家なのか店なのかは不明です。

estonia-apartment.jpg

この2つの建物のうち、私たちが利用したアパートメントはどちらでしょうか?

答えは黄色の奥の建物です。
旧市街から少し離れると、こんな感じで新しい建物と古い建物が混ざりあってて不思議な雰囲気です。
治安の悪い場所ではないそうですが、アパートメントを出ると辺りは暗くて古いアパートばかりだったのでちょっと気にはなりましたが。。。


タリンからバスで2時間半ほどのところにあるタルトゥにも行きました。
特に見どころはなかったのですが、石畳とカラフルな建物のコンビネーションがとても可愛い町並みでした。

estonia_building5.jpg

薄ピンクいろのきれいな建物。でも傾いてますよ~。

estonia-tartuuniversity.jpg

こちらもきれいなピンクの建物でした。
タルトゥ大学です。
隣りに学食があって、そこでランチしました。
種類も豊富でごはんも美味しかったです。
貧乏旅行にはもってこいのランチの穴場ですね~。

estonia-toymusee.jpg

おもちゃの美術館に行きました。
北欧の雰囲気たっぷりの館内がとても可愛らしかったです。

駆け足でエストニアの建物を紹介してみましたが、いかがでしょうか?
ヨーロッパのようでロシアのようでおもちゃ箱のような町並みは飽きなくて、4日間ではとても短かかったです。
次回訪れる機会があれば、ゆっくりじっくり町めぐりをしたいなと思いました。
この記事のURL | 出かける | CM(10) | TB(0) | ▲ top
エストニアに行って来ました
2005/12/04(Sun)
タイトルそのままですが、エストニアに行って来ました。
なぜエストニアなのか?と言うと

1:フィンランドに行きたかったけど予算の都合で無理。
というわけで海を挟んでお隣りの国エストニアに。
2:夫がエストニアの国家について勉強中のため前から行きたいと言っていたため。
3:物価が安い
4:シーフードがいっぱいで美味しい。

イギリスよりもさらに寒い国に行くのが何よりも不安だったのですが、近頃の寒波で慣れていたせいか、防寒対策ばっちりで出かけたせいか分からないけれど驚くほどの寒さは感じませんでした。

それでもやっぱり肌に触れる空気は冷たくて、写真を撮る手がぶるぶる震える・・・ので撮った写真はいつもの半分くらいでした。いっぱい見どころがあったのに写真を収めることができなくて残念。(手が凍りつくの、我慢できなかったんだよね。。。)
とても素敵な町並みや建物がいっぱいのタリンの魅力をちょっとでも紹介できたら嬉しいです。

estonia-christmasmarket2.jpg

タリンの旧市街にある広場で行われていたクリスマスマーケット。
手作りの民芸品やリネンの製品が盛りだくさんでした。
子供たちが遠足をかねて訪れていたようです。サンタクロースの衣装を着たおじさんにも会えて、みんなはしゃいでいました。

estonia_christmasmarket3.jpg


夕方のマーケットにて。
暗くなるのがとにかく早い。気がつくとすでに夕暮れ時。でもまだ4時前なんだけどな。

estonia_christmasmarket4.jpg


夜のマーケットにて。
ライトアップされて一段と華やかな感じになっていました。

estonia-wallmarket.jpg


城壁下のマーケット。手編みのセーターや靴下、手袋などが売られていました。寒空の下、マーケットで客引きをしながらも手編みを続けるおばあちゃんたちになんだか心が痛みました。寒いのにご苦労様です。


estonia-wallmarket2.jpg


カメラを向けるのがなんだか申し訳なかったので、さくっと撮りました。ので思いっきりぶれてます。おばあちゃん遠くを眺めてるよ。

マーケットが大好きな私にとっては、マーケットをただぶらぶらと見ているだけでもとても幸せな時間でした。写真のマーケットはどちらかというと観光向けですが、地元向けの食材などのマーケットにも行ってみました。が、こちらはというとなんだかひっそりとしてて華やかさがなかった。。。でも独特な雰囲気がありました。アジア人はあんまり訪れないのかな。上から下までジロ~っと見られましたよ~。そのせいでここでもまたしてもカメラ向けられず。。。

次回は、タリンの建物編に続きます。
この記事のURL | 出かける | CM(8) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。