スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
しっかりしてくれぇ
2006/09/14(Thu)
フランス旅行記の途中ですが、臨時ニュース(←大げさ)が入ったのでちょっと脱線。

おとといの仕事中のこと。
前日の売り上げを納めに銀行まで歩いていたときのことです。
ショッピングセンターの裏手の出口をちょっと出たところで
誰も座っていないバギーを押す母親と3歳くらいの女の子が向こうから歩いてきました。
その日はすごく良いお天気で暑くて、女の子が着ていた白い木綿のドレスが可愛いな、と思っていた瞬間。

ビシャ・・・。

すれ違いざま、その可愛いと思っていた子が手に持っていた水の入ったコップを思い切り振り上げて、私に水を吹っかけてきたのです。
一瞬のことで何が起こったのか分からなかったのですが、
気がつくと上半身から水が滴っていました。
すぐに振り返って、“STOP IT”と言うと
女の子が数メートル離れたところでやったぞって感じの笑みを浮かべて立ってました。

私はその子を捕まえて注意すべきか、母親に文句言うかどうしようか
でも母親は今にもパンツが見えそうなほどの短いスカートに安物の金のでかいピアスをつけていかにも柄の悪そうな雰囲気だし・・・
何か言ってもきっと無視されるか言い返されるだけかも・・・
と思っていると、ちょうどショッピングセンターの自動ドアが開いてその子の母親が入って行ってしまい、その子も後から駆け足で行ってしまったので、タイミングを失ってしまって結局何も言えませんでした。
もちろん、だいぶ先を歩いていたその子の母親は何が起こったのか全く気付いていません。

あぁ、なんで何も言えなかったんだろ。
こんなとこで恥ずかしがってもしかたないのに、と自分が情けなくなってきました。
お店に戻り、エプロンをつけながらスタッフルームの窓から外を見ると、さっきの親子がのん気に屋台のホットドックをほうばっているではないですか。
なんだかすごく悔しい。

最近本当によく見かけるのです。
小さい子供が親の後をひょこひょことついて行く場面を。
たまにカップルでいちゃいちゃして後ろの子供のことなど
全然気にかけない人たちもいて、あまりの無神経さに呆然としてしまいます。

今度こんなことが起こったら(起こって欲しくないけど)、そのときは思い切って言ってやろうと思います。

最近、友人もすれ違いざまにリュックサックに入っていたラッピングペーパーを向いからやって来た子供連れの女に抜き取られ、それを川に投げ捨てられたり、なんだか物騒な話題が絶えません。

日本で暮らしていたころは、こんなにカリカリイライラすることってあったのかなと思うくらい最近腹が立つことが多いです。
特に親しっかりしろ!ってのが多いですが、う~ん、これも自分が歳をとったからなのかな。
スポンサーサイト
この記事のURL | ひとりごと | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<フランス・ノルマンディの旅 その3 | メイン | フランス・ノルマンディーの旅 その2>>
コメント
- あるある! -
私も普段感じていたことなので読みながらふむふむと頷いてました。
変なことをする子供を見て、親を見て、あ、やっぱやめとこ・・というか、この親にしてこの子、だよなって悲しいですけどそれどまりなことが多いです。注意したって逆切れとか非常にあり得るパターンですし・・
良い親御さんもいるんでしょうが悪い例が多すぎて
あまり記憶に残らないのがかなしいです。
2006/09/15 23:02  | URL | stipa #bM1nxC7.[ 編集]
-  -
>stipaさん
そうなんですよ~。礼儀の正しい親子もいっぱいいるはずなのですが、あれ?って思わせるほうがそれ以上に目に付いてしまうんですよね。
今度見かけたら・・・う~ん、やっぱり見てみぬ振りしてしまうかも。はぁ、情けないですがやっぱり逆切れが怖いです。
2006/09/17 20:16  | URL | kay #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kaypot.blog11.fc2.com/tb.php/118-f712119d

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。