スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
国際結婚しかり
2006/09/21(Thu)
2週間ほどホリデーでお休みしていたマネージャーが帰ってきてちょっとほっとした。
休み中に何かあったら電話をかけて。
パリにいる間も携帯つながるようにしておくから・・・
とホリデーでも仕事から離れられないマネージャではあったけれど、そう言われると意地でもかけないで済むようにしたかった。
結局私からかけることはなかったけれど、彼のほうから何度かかかってきたし、3度も店に来た。
その理由はちょっと顔を見に、と言うよりはむしろ監視しにという感じで。
マネージャーがホリデーで少しは楽できるかと思いきや、むしろその逆だった。

ただでさえ仕事の帰りが夫よりも遅く、家事を怠っていると言うのに、この2週間、家事という家事は一切夫にまかせっきりになってしまった。

しかし、もう少し妻らしいことをしたいと思っている一方で、夫は家は男女平等だから、ここは“イギリス”だから、家事は出来る方がやればいいんだと言う。
とは言え、お互いの時間の全てを家事に費やすこともできないし、
それに平等だと言っていても結局はどこかで私に家事をしてもらいたいという様子は感じているし、夫は料理はするけれど掃除はあまりしない、となると私の休みの日はたいてい家事に追われて1日が終わる。

そもそも根本的な考え方が違っているのだ。
私は結婚したら毎日ダンナサマのために料理を作って、たまにはケーキなんかも焼いて、ガーデニングにいそしんで、趣味にも従事して、家事洗濯も全部やって、時間があれば週2日のパートか何かをやって過ごしたかった。
ところが、夫は私にも同等の収入源として働いて欲しいと思っている。
私が今の仕事は割りに合わないんじゃないかと言うと、辞めるなら次の仕事を見つけてから、と譲らない。
つい先日も、職を変えたいけれど自分が1番にやりたいものは私の住んでいる町にはないし、かといって何が出来るかも分からないし。。。と悩んでいると、
そんなようでは仕事は見つからない、
自分のやりたいことがはっきりしないようでは見つからないんだ
と強い口調で言われてしまって思わず閉口してしまった。

結局、仕事が忙しい→余裕がない→次の職を考える→決まらない→イライラが募る→けんかする、というサークルがここ数ヶ月続いて、私の精神状態もちょっと限界を感じできた。
ただここで振り切って仕事を辞めて無職になったとしたら夫だけの収入で暮らしてはいけないと分かっているので、冒険できる勇気はない。

こういうときにちょっと顔見ておしゃべりでも出来る相手が近くにいるのならまた別だけど、残念ながら近所には友達という友達がいない。
聞いてよーと言って話相手になってくれるのは今のところ夫くらいかな。
でも夫はなんでも現実的に真面目にとるから終いにはいつもけんか口調になってしまって。
私が黙ると、何か言いたいことがあるんでしょ、あるんなら言って攻撃が始まるのだけど、全ての思いが口答で表現されるほど単純なものではないのだ、ということは彼には分かるまい。

今まで自分のやりたいことは自分で決めてやってきたので、仕事でも家でもあれこれ指図される立場にあることが実は結構辛い。
好き勝手やって来た分、きちんとしなさいという神様のおしおきなのか何なのか。

こんなの何の慰めにもならないけど。
私も辛いのよ~と思ってる方。
辛い立場にあるのはあなただけじゃないのよ。
一緒に頑張ろうぜぃ。
スポンサーサイト
この記事のURL | ひとりごと | CM(13) | ▲ top
<<秋ですね | メイン | フランス・ノルマンディの旅 その3>>
コメント
- わかるよ~! -
なんだかナニからはじめていいかわからないくらい、同感/共感です。
そうか、kayさんの旦那さんはkayさんにもフルタイムで働いていて欲しいのね。
わたしが去年働いていたときは、オットは学生だったから辞めたくても、それこそ次の仕事が見つからないと辞められない→現実的にフルタイムで仕事をしながら次の仕事をゲットするのは無理→イライラが募る、と言う悪循環でした。
今は、オットの仕事が決まる気配も一向にないし、同居の居候生活でそれこそ自分の好きな酔うには何一つできず・・という状態で、ホントに友達が近くにいればおしゃべりできるのにね。うちも同じくオットしかいないし(笑)。
親身になって聞いてくれても、感覚がちょっとずれているから何の発散にもならんよーって感じ。
kayさん、一緒にがんばろう~!
一緒になって愚痴っちゃってごめんね。
そして、機会があったらどこかで会ってお茶でもしたいです~。
2006/09/22 12:25  | URL | kao #-[ 編集]
- 管理人のみ閲覧できます -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/09/23 09:45  | | #[ 編集]
- わかります。 -
Kayさんのいってることわかりますよ。仕事のことは本当に難しいですね。ご主人はもうすこし、外国人がイギリスで仕事を得るのがどんなに難しいか理解を示してほしいとおもったりします。確かに家族を支えるとなればやりがいより収入があることが優先されるのですが、そればっかりではストレスもたまりますしね。生活するのは本当に大変ですね。お互いがんばりましょう。
2006/09/23 14:41  | URL | Nori #ENr1lzNs[ 編集]
-  -
>kaoさん
共感してくれてどうもありがとう。
kaoさんも今ちょうど辛い立場にあるんですよね。
なんて言うのか、別に誰を責めるわけでもなく、なんとなくただ聞いてくれる人がそばにいたらいいのに、って思っちゃうんですよね。
うちの夫も親身になってくれるけど、でも妻の立場は分からないようでね。。。
ほんと、近かったらおしゃべりしたいのに~。
kaoさんもしばらくの辛抱ですが頑張ってね。
2006/09/23 20:43  | URL | kay #-[ 編集]
-  -
>Noriさん
分かって頂けて嬉しいです。
夫は私の気持ちを分かっていて(何回も言ってるので!)、自分がもっと良い仕事を探すとか口では簡単に言うのになかなか実行に移そうとしなくて。だから余計にイライラしちゃうんですかね。
Noriさんのような働くママさんからしたらまだまだ甘いですが、う~ん、やっぱり生活していくって大変ですね。
とにかく頑張るしかないか。とほほ。。。
2006/09/23 20:55  | URL | kay #-[ 編集]
- 管理人のみ閲覧できます -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/09/23 22:56  | | #[ 編集]
-  -
こんにちは(はじめまして)。先日コメントを書かせていただいたのですが、どうやら消えてしまっているようです・・・。
国際結婚いろいろ大変ですが頑張ってください。
2006/09/25 21:12  | URL | caffeine #-[ 編集]
-  -
>caffeineさん
はじめまして~。
コメント届いてます。ありがとうございます。
caffeineさんも国際結婚されてるのでしょうか?!
生活しているといろいろありますが、これも経験と思ってゆくしかないですね。
お互い頑張りましょうね♪
2006/09/25 22:48  | URL | kay #-[ 編集]
- 管理人のみ閲覧できます -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/09/26 22:23  | | #[ 編集]
-  -
そういうイライラ良く分かりますよ。
私も仕事変えたいけど何したいのか自分でよく分からないし…。
なにより、愚痴れる友達が近くにいないって言うのがストレスですよね。
友達とお茶しながらだらだらとおしゃべり、これって意外といいストレス発散なんですよね~!
国際結婚に限らず男と女って深い所は分かり合えないのかもしれないですよね。
違った意味の諦めも時には必要なのかも!?
2006/09/30 09:13  | URL | foxy #-[ 編集]
-  -
>foxyさん
foxyさんにも私のイライラ分かってもらえて嬉しいです。
確かに、国際結婚に限らず男女の問題って尽きないですよね~。
私もある意味あきらめは必要って思ってるし、実際そうしてることがほとんどですよ。でもね、時に爆発してしまうことがあるんです。
foxyさんも爆発してしまいそうになったらブログで吐き出して下さいね。
2006/09/30 18:31  | URL | kay #-[ 編集]
- わかりますーとっても -
この感覚ってうちだけかと思ったら、すっごく似ていたんで、びっくりしました。
>そもそも根本的な考え方が違っているのだ>私は結婚したら毎日ダンナサマのために>料理を作って、たまにはケーキなんかも焼>いて、ガーデニングにいそしんで、趣味にも>従事して、家事洗濯も全部やって、時間が>あれば週2日のパートか何かをやって過ご>したかった。
>ところが、夫は私にも同等の収入源として>働いて欲しいと思っている。
>つい先日も、職を変えたいけれど自分が1>番にやりたいものは私の住んでいる町に>はないし、かといって何が出来るかも分か>らないし。。。と悩んでいると、
結局私も本当にやりたい仕事とできる仕事は日本にしかないっていう結論になってしまったんですが、、、
まじに年に1回日本に帰って仕事しようかとも思っているんですが
私の彼も これ以上なんかいうと 日本に帰ってしまう恐れがあるんでいいませんが。
それでも たまに彼の仕事は手伝ってはいますが、なんかこれは 本当の仕事って思っていないようです。
なんででしょうかね??疑問??
やっぱり この考え方が イギリスのジャンクフード産業をささえているのかな?
女性がパートで 働いて 家の食事をつくるより、正社員になって稼いで 高い値段の テイクアウトとか ジャンクフード 食べる これイギリス文化??ですか たぶん。
2006/10/03 12:37  | URL | ケイティUK #cOTJH1gw[ 編集]
-  -
>ケイティUKさん
お返事遅くなってしまってすみません。
ケイティさんも同じようなこと思っていらしたとは・・・。
なんだか心強いです。
でもそれがジャンクフード産業にまで発展するとはなかなか面白い発想ですね。
確かに、イギリスでは家庭的って言葉がイマイチぴんとこないし、それにクリーナーを雇ったりするもの結構普通だったりしますよね。
あぁでもやっぱりイギリス式にははまりたくない。けどこれはもう宿命なんですかね・・・。(泣)
2006/10/21 19:39  | URL | kay #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。