スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
クビになりました
2007/02/23(Fri)
いつかはこんな日が来るとは思っていました。(←大げさ。)

昨年の1月から約1年ほど、7歳のハナちゃんに日本語を教えていたのですが、先日ハナちゃんのママから、ハナが日本語のレッスンを辞めたがってると言われたのです。
理由は、つまらない、学んでいる気がしない、とのこと。

ハナちゃんのパパはイギリス人、ママはブラジル人なので普段日本語を使うことは全くありません。
日本に留学していたことのあるママの強い願いで日本語のレッスンをすることになったのです。
そして、ママは日本語が話せればもっとレベルの高いセカンダリースクールに行かれる、とことあるごとにハナちゃんに言い聞かせていました。
つまり、もともとハナちゃんには日本語をやる気なんて全くなかったのです。

でも最初は今まで聞いたことのない異国の言語で物珍しいのか、思ったよりは興味を示しているようでした。
少しでも興味を持ってくれるとこちらも嬉しいもので、私も下手くそながら絵を描いてみたり、ゲームを作ってみたり、いろいろ試してみました。
ところが、食いついてくるどころかなんだかつまらなそうにしているのです。
それにいつも疲れていて、宿題も全然やってくれないのです。
それもそのはず、ハナちゃんの予定は1週間びっちり詰まっていて、宿題をやる余裕なんてたぶんないのです。
ママには1日5分でもいいからハナちゃんに日本語に触れる時間を作ってと言っていたのですが、ほかに2人の弟と妹がいるせいもあってママも手が回らないようで。。。
結局週1回、30分のレッスンが唯一の日本語に触れる時間でした。

そんなわけで、私自身もこのまま教え続けても意味があるのかどうだか、と思っていたのですが、1週でも逃したくないとママにも言われていたので、仕事が休みの日には必ずレッスンに行くようにしていました。
が、ここへきて、ハナちゃんが興味がないと言い出した。・・・ってそれは前から分かっていたことですが。
そしてそれに対してハナちゃんのママは、
私がもっとエキサイティングで毎回新しいことをハナに教えて、ゲームなんかも作ったりしてこんなに楽しいレッスンはないって思うような授業をしてくれたらハナだってもっとレッスンを続けたいって言っただろうに。
でも出来ないなら代わりの人を探して、と言ってきたのです。

まぁね、確かに私も仕事の合間を縫って行っていた訳だし、手を抜いていたところもありましたよ。
でも日本の実家に頼んで童謡のテープを送ってもらったり、本を送ってもらったりして持っていったのに、どっかに放ったらかしにしてなくしてしまったのはどこのどなただったかしら?
・・・って私も逆切れしても仕方がないのだけれどね。
正直なところいっぱいいっぱいで、これからはもっと質の高いレッスンをします!なんて言い切れる自信もないし。。。

と言いつつ、実は結構楽しんで教えに行っていたので、もう来なくていいって言われちゃうと本当はちょっとへこんだり。
ま、私も休みの日がひまになるわけだし、よかったじゃないの~?
いや、負け惜しみってやつよね。(泣)
スポンサーサイト
この記事のURL | ひとりごと | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<ロフトの秘密 | メイン | 雪・雪・雪>>
コメント
- お疲れ様でした -
kayさんなりに頑張ってたのにね~。
学ぶ当の本人がやる気がなければどんなに頑張って教えてもムリですよね。
日本語って教えるとなると難しいですよね~。
私にはムリだろうな…
何はともあれお疲れ様でした!
2007/02/23 10:17  | URL | erica #-[ 編集]
- ありがとう! -
>ericaさん
本当は日本語大好き!ってなる予定が・・・あらら、逆効果でがっかり。でも出来るだけのことはやったので仕方ないです。
人に何か教えるのって難しいですね。
2007/02/24 20:26  | URL | kay #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kaypot.blog11.fc2.com/tb.php/134-6404dcc2

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。