スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ROWING
2005/08/07(Sun)
rowling2_18june-2.jpg

昨日は、ROWING(ボートレース)デビューをしました。
・・・と言っても本当に初心者なので練習用ボートで
プカプカと浮いていただけのようなものなのですが。。。
それでも、かなりのハードワークで2時間の体験の後はへとへと。
普段自転車に乗っているので、まぁそれなりの運動量はあるかなと
思っていたのですが、それくらいではまだまだ足りないようです。

今日はさらに筋肉痛で、腰が痛くてそれに肩が上がりません。
運動をしていないとこういうときにバレバレですね。年をとると筋肉痛は後になって
出てくると言いますが、ほんとその通り。昨日は大丈夫だったのに。。。
あぁ、もっと鍛えないと。とほほ。。。

写真は、先月行われた学生対抗のROWINGの時に撮ったものです。
今までは遠くから練習風景を見ることしかなかったので、実際に
近くで見たときはその速さに圧倒されました。びゅん!って感じなのです。
この速さを8人が同じリズムを保ってオールを漕がなければなりません。
きっと腕の力が何よりも一番重要なんだろうなと思っていたのですが、
実は大切なのは体を安定させるための腹筋だそうです。
それと、ハーモニー。
1人でもリズムが狂ってしまうと、全体のバランスが崩れてしまいます。
優雅な見た目よりもずっとハードなスポーツだと改めて実感しました。

それから、私の場合はまたさらに問題が。
英語でボート用語を言われてもなにがなんだか分からないので、
とにかくあたふたしてしまいました。

ボート用語で、後部に座っている人をスターン、前部に座っている人をバウと言うのですが、
突然、君はバウ!とか言われたら、なに、何のこと?って思うでしょ。
バウ=BOW=お辞儀?!って一人で水の上でパニックってしまいました。
私には、まずこの用語を覚えることから始める必要がありそうです。

次回の練習までにはもうちょっと鍛えて、用語も覚えていかないと。
でも、レース参加までの道のりは果てしなく遠いです。
スポンサーサイト
この記事のURL | 遊ぶ | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。