スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
くつ靴論争
2005/08/23(Tue)
先日、同居人サンディから
週末に同郷(南アフリカ)の上司と友人を招いてディナーパーティを
するのでキッチンとダイニングルームを貸切で使わせて欲しい
と言う申し出がありました。

私たちは、どうぞどうぞと快く応じたのですが、
前々日になってサンディが深刻な顔をして、

「Kay、お客さんも靴を脱がなくてはいけないの?」

と訊ねてきました。

私たちは家に上がるときは靴を脱ぐようにしています。
家は靴を脱いでゆったり落ち着ける場所でありたい、
そして、家を清潔に保ちたい、という思いから
靴を脱ぐことをお願いしてきました。
夫は私と一緒に住む前から家に帰るとすぐにスリッパに履き替える習慣
がついていたし、今まで友人が来たときもホームステイの学生さんが
来たときもすんなり受け入れられていたので特に心配などしていませんでした。

ところが、サンディいわく、
「南アフリカでは家に上がるときは靴を脱がないの。
 靴を脱げってことは、彼の文化を尊重できないっていう意味合いでもある。
 それに、奥さんは妊婦で靴を脱ぐのは冷えるし大変だ」と。 

えーーー、そうなの?
そんなに深刻なの?
そんな風に深刻に言われてしまうとなんだかこちらの方が悪いこと
してるような気になってしまって。。。
ここが日本だったら普通のことでもここはイギリスだし。。。

サンディは、私が靴を履いたままでいいって言うのを期待していた
みたいですが、とりあえず木の床とタイルのところは靴でもいいけど、
カーペットだけは靴をぬいで上がって、ってことにしてもらいました。


その日の夜、夫にこの事を話すと
夫は「Kay、ここは僕たちの家。この家のルールに従えないと言うのなら
上がるのを遠慮してもらいなさい。」
と、予想外の頑固おやじな発言。

ここはイギリスだし仕方がない、とでも言われると思ってたので
この発言にはちょっとびっくりでした。
結局、サンディにもう1度話をし、お客さんにはスリッパに履き替えて
もらうようにしました。

そして、お客さんはかなりのジャンボだと言うので
LLサイズのスリッパを求めに町中のお店を探し回りました。


当日、お客さん到着。
私は玄関と隣り合わせの居間にいて、サンディと彼らのやり取りが聞こえて
きました。

「例の靴です」

「ふー。例の靴ね。。。」

ごそごそ。。。。。

「悪いけどスリッパに履き替えてもらえるかしら?」



そして、

「スリッパはいらない。」

って。。。



せっかくジャンボさんのために買ってきたスリッパ
拒否されました。(泣)

その後、サンディがお客さんを私たちに紹介したので
挨拶はしたのですが、ジャンボさんはニコリともしないで
ハローとだけ言って立ち去りました。

宴のあとも何も言わずにだまって帰って行ってしまいました。


なんだかちょっと悲しかったです。
やっぱり私が靴脱げって言ったから?
靴を脱ぐのは、嫌いなベークドビーンズやマーマイトを
たいらげるよりよっぽど簡単だと思うのに。
(ってそれは別の話か。。。)
靴を脱ぐ=裸になるってことなのかな???

私はね、文化っていうより生活のスタイルだと思っていたのですが
やっぱり受け入れられないこともあるんですね。

slippers.jpg
↑我が家のスリッパたち。
スポンサーサイト
この記事のURL | 暮らす | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<洋梨のタルト | メイン | 夏の終わりに>>
コメント
-  -
あらら・・・。
確かに「郷に入れば郷に従え」なのかもしれないけれど、人種のるつぼでたくさんのカルチャーが混ざっているイギリス、ホストの暮らし振りにお邪魔するんだから少しくらい譲歩してくれてもいいのにね。
そんなことで、違う国の習慣をリスペクトしていないなんていうならば、モスリムの人たちとか、言いたいことがたくさんあるんじゃないかなぁ・・。
Kayさんのだんなさんもきっとそう思っているから、譲らなかったのでは?
しかも、Kayさん、ちゃんとスリッパまで探してきてるし。
でも、悲しくなっちゃうKayさんの気持ちも分かりますよ。
2005/08/24 14:57  | URL | Kao #-[ 編集]
-  -
>Kaoさん
気持ち分かって頂いて嬉しいです。
私もあんまり自分の考えを押し付けるのはどうかと思っていたのですが、予想以上に否定的な態度を取られてしまったのでちょっとむきになってしまいました。土砂降りの中スリッパ探しに行ったのに、要らないで済まされちゃったのはショックでした。
2005/09/01 21:00  | URL | Kay #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kaypot.blog11.fc2.com/tb.php/20-4d479d8a

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。