スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
りんごの日
2005/10/07(Fri)
apple1.jpg今週もまた教会の集いに参加してきました。
なぜなら、今週のテーマは“りんごの使い方”。
これはきっといろんなりんごが食べられるに違いない!とかな~り期待して行ってみると、やっぱりあるあるいろんな種類のりんごの数々、それにタルトやパイも盛りだくさん。
早めに着いたのでお茶を飲みながらおしゃべりしていていたのですが、気がついたら部屋は満員状態。総勢50名以上集まっていました。

やっぱりみんな試食を期待して来たのかな、なんて思ってると、隣りに座っていた人が、あのタルト後で食べられるといいわね。って話しかけてきました。
やっぱりみんな同じこと考えていたみたいです。

皆さんは、イギリスのりんごのデザートというと何を思い浮かべますか?
代表なのはやっぱり“アップル・クランブル”だと思いますが
実は私、これ苦手です。今日もやっぱりお約束通り、アップル・クランブルの作り方の説明がありました。
ちなみにこのアップル・クランブルとは、薄切りにして煮詰めたりんごの上に小麦粉、砂糖、バターを混ぜたものをのせてオーブンで焼きあげるものです。
好みによってはさらにカスタードをかけたりもしますが、甘いものの上にさらに甘いものをかけるのが私には信じられません。(爆)
ほかにも、煮詰めたりんごにヨーグルトをのせて、さらにその上にコーンフレークをシロップとバターで混ぜたものをのせて作るデザート、なんてものも紹介されたのですが、見るからに甘そうであまり興味を惹かれませんでした。


apple2.jpg

でも、これだったら甘すぎなさそうだし大丈夫かな、と思って試してみたのがこちら。
黒砂糖使用のケーキです。とっても素朴でシンプルですが、甘さ控えめで結構美味しいです。






apple3.jpg切ってみるとこんな感じ。
りんごがいっぱいです。(←当たり前だけど・・・)

日本のケーキ屋さんのおいし~いアップルパイと比べるとがっかりしちゃうかもしれませんが、酸っぱいりんごの処分にお困りの方、捨てるのはもったいないですよ。よろしければ、イギリス人の主婦直伝のケーキをお試し下さい♪




参考までにレシピはこちら・・・

Spiced Apple Cake

バター・・・・・・・・・・・100g
黒砂糖・・・・・・・・・・・100g
たまご・・・・・・・・・・・2個
小麦粉・・・・・・・・・・・200g
ナツメグ・・・・・・・・・・小さじ1
シナモン・・・・・・・・・・小さじ1
ベーキングパウダー・・・・・小さじ2
りんご(薄切りしたもの)・・250g

はちみつ・・・・・・・・・・小さじ2
デラメアシュガー・・・・・・小さじ2

1.バターをクリーム状になるまで練って砂糖を加える
2.1にたまごを加えよく混ぜ合わせる
3.2にふるいでふるった小麦粉を加え、スパイスとベーキングパウダーも一緒に入れる
4.切るように混ぜた後りんごを加え、軽く混ぜる
5.バターを塗ったトレイ(8インチ)に流し込む
6.170℃のオーブンで30~45分。膨らんで焦げ色が着いてきたらオーブンから取り出す
7.温かいうちにはちみつとデラメアシュガーを混ぜたものを表面に塗る



 
スポンサーサイト
この記事のURL | 食べる | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<たまにはのんびり | メイン | 未知の野菜を斬る!・Swede編>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kaypot.blog11.fc2.com/tb.php/38-07dc4667

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。