スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
作ることの愉しみ
2005/11/07(Mon)
最近、近所にある脳に障害を持った人たちのための工房で粘土細工(陶芸)のお手伝いを始めました。ほかにもウッドワークやガラス細工などが行われているのですが、ちょうど行き始めたときに粘土のボランティアが足りないということで、こちらの方をお手伝いさせてもらうことにしました。

工房には今まで作った作品やサンプルでいっぱい。中にはプロ並みの作品もいっぱいあってびっくりしました。工房に隣接したギャラリーもあって、毎年1回展示会が行われ、作品は販売もされます。

実はこういった施設で働くのは初めて。粘土を教えるのも初めてで、技術がない私に果たして教えることが出来るのだろうかとても不安だったのですが、実際に作業を一緒にしてみると、技術以上に必要なことがいろいろ見えてきます。

普段は私の英語が間違っていても、こう言いたいんだろうと予想されて会話は進んでいきますが、ここではそういうわけには行きません。
分かるように2回、3回と説明してもその後にまた同じ質問を何度もしてきます。それ、今言ったじゃん!と返しながらもきちんと答えて説明しなければなりません。なぜなら、それが彼らにとってその1回1回が最初の質問だからです。 

そして、彼らを飽きさせないために、出来るだけのことは本人たちにやらせなければなりません。手伝いたいと思ってもぐっとこらえて、もうこれ以上は限界というところまで見届けなければなりません。

自分で作りたいものを決めること。絵を見ながらあれこれと考えて形にしていくこと。細かい作業をする際に必要な集中力。1つ1つが組み合わさって大きな作品になっていく過程。完成する喜び。さらにここでは、作品を売って報酬を得るということも学びます。

物を作ることは時に机上の勉強だけでは得られないことも教えてくれます。
私はここでお手伝いを初めてから、既に多くのことを学びました。あきらめないこと。じっくりゆっくり積み上げていくこと。せかせかした私の心に少し潤いを与えてもらったような気がします。
そんな私に出来ることはやっぱり作ることの愉しみを伝えること。
私が言うことなんて彼らの頭の片隅にあるかないかも分からないけれど、作ることを楽しんでるみんなの笑顔が見たいから、私は私なりに出来ることをこれからも続けて行きたいと思っています。


スポンサーサイト
この記事のURL | ひとりごと | CM(6) | TB(0) | ▲ top
<<夫の居ぬ間に・・・ | メイン | 秋の味覚でほろり>>
コメント
-  -
その工房にはどういった障害を持った方がいるのか分かりませんが
何回も同じことを繰り返したり出来る事は自分でしてもらって
ちゃんとできるまで辛抱強く待つ・・・
はじめた仕事でも同じことをしています。
私のお世話している人たちは集中力も低く意思の疎通もままならない人たちで
そういったアクティビティーにも参加できないので残念ながらずーっとソファーに座ってるだけの事もあって
何だかな~と思ってます。
物を作る喜び、到達感が少しでも味わえるひとであったらワークショップはかけがえのない場所ですよね。
そこでお手伝いされているなんて素晴らしいです!!
忍耐力不可欠の仕事ですよね(笑)お互いに頑張りましょう!
2005/11/07 22:48  | URL | stipa #bM1nxC7.[ 編集]
-  -
kayさん、すごいなー。
教えること、手助けすることってとっても難しいことですよね。
わたしもシュロップシャー在住のときにポッタリーのクラスに行ってました。
結構放っとかれて好きなようにやってって感じだったのが新鮮だったな。思わず手や口が出そうになることもあるだろうけれど、質問されるまでただニコニコと見てる先生でした。
作ることの楽しみ、みんな分かっていると思うよ。
どんどん、いいことを吸収してますます素敵なひとになっていくんだな、kayさん。またお話聞かせて下さい。楽しみにしてます。
2005/11/07 23:24  | URL | kao #-[ 編集]
-  -
読んでいてKayさんって忍耐強く、かつ着実な人ではないかと思ってしまいました。その工房はKayさんのような人がいてくれてとても助かってるのではないかって思いますよ。物を作る愉しみ…いいですよね。
2005/11/08 17:09  | URL | Nori #-[ 編集]
-  -
>stipaさん
この工房は脳に障害を持った人たちのための施設です。ちょっとお手伝いできればというつもりで始めたのですが、勉強になることがいっぱいあります。stipaさんの仕事はさらにハードですよね。でも得るものはきっと多いのでしょうね。stipaさんの仕事日記を見ながらあぁ私も頑張らなければって思って励まされてます。お互いぼちぼちやっていきましょうね。

>kaoさん
先生の善し悪しっていろいろで、バシバシ教えてくれないと物足りないと感じるときもあるけど、時には生徒にやらせるのも大事なんですよね。・・・ってえらそうですが、今の体験を通して少し分かるようになってきた気がします。
それにしてもポッタリーって楽しいですね。kaoさんは何を作ったのですか?今はお手伝いでしかやっていないのですが、自分の作品も作ってみたいです。う~ん、はまりそう。。。

>Noriさん
忍耐強い・・・ それは時と場合によりますね~。興味がある分野においてはたぶんそうかもしれません。が、基本的には堕落してます。(笑) 
工房の方々はとても親切でボランティアの受け入れにも協力的なので快くお手伝いさせてもらってます。助かっているとよいのですがね。。。私は始めたばかりでまだまだ学ばなければいけないことがいっぱいですが、信頼して仕事を任せてもらえるくらいになれればいいなぁと思ってます。
2005/11/08 23:33  | URL | kay #-[ 編集]
- ごぶさたしています -
Kayさん、おひさしぶりです。
洋ナシのジャム、芝刈り・・・日常に楽しみを見つけていけるって、大切なことですよね。
うちも、少し前に、今年最後の芝刈りを終えました。でも、渦巻きは思いつかなかったけど!!
工房でのボランティア、大変なことも、楽しいことも色々つまっているのでしょうね。おもしろい作品にめぐり合えたら、また紹介してください!
2005/11/10 10:05  | URL | Mao #-[ 編集]
-  -
>Maoさん
お久しぶりです!
ちょっとした日常のことでも楽しんでいければなって思っているのですが、その後始末に追われる夫は勘弁して~って思ってるかも?!(笑)
ボランティアは楽しんでやらせてもらってます。作品が出来上がったらUPしますね~。
2005/11/11 11:01  | URL | kay #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kaypot.blog11.fc2.com/tb.php/49-9dddcf4f

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。