スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
くやしい~っ!!
2006/04/08(Sat)
今日はちょっと怒りのネタで。

私が紅茶に囲まれて仕事をしている・・・と以前書きましたが、
お店では、週ごとに違う種類の紅茶の試飲をやっています。
テーブルにポットと試飲用カップを置いて、お客サマがセルフサービスで飲めるようにしています。
が、あまりに子供たちのいたずらがひどいので、最近は、子供たちが学校帰りにやって来る3時以降はポットを片付けてしまいます。

しかし、今週はハーフタームで学校が休みのため、朝から夜まで
子供たちがやって来ては、何度も試飲をして荒らして行くので
ポットはロックし、カップはポットと一緒に置かず、スタッフが管理しています。

そんな感じで対策を練ってた矢先、やられました。
なんと、少年(14,5歳)の一人が店の売り物のグラスを使って飲んでいたのです。
私はちょうど店に一人で、レジで他のお客サマの対応をしていたので
ポットの辺りで何が起こっているのか見えなかったのですが、
たまたまその場に居たお客のおばあさんが唖然としている姿が見えたので何か変だと気がつきました。
近づいてみると、少年はあっけらかんとしてまるで自分のグラスを使って飲んでいるかのようなご様子。
何やってるか分かってるの?と言うと
「だって試飲用のカップがなかったからさ。」だって。

呆れたね。

試飲用のカップがなかったら売り物のカップを使ってもいいのよって
お母さんは教えたかしら?
と言うか、それぐらいの良し悪しの判断は充分出来る年齢でしょ。
まぁ、悪いと分かっててもやるんだろうけどね。

とにかく居るだけでとても迷惑だったので、
「出て行って下さい、もう2度と来ないで下さい、お願いします。」と言って追い出しました。

あぁ、でもすごく後悔。
なんで、出て行って下さいってお願いしてるんだろ?
「出てけー!!!」でよかった。それか、
「使ったグラス買わないと逃がさない!!!」でもよかったじゃん。

日本だったら、「お客様、そのような行為はほかのお客様のご迷惑になりますからおやめ下さい。」
てなところだろうけど、こちらでは、そんなご丁寧な対応は期待されてない気がします。
実際に、上司からはもし子供がいたずらするようなら即効追い出すように、と言われているし。

ダメなものはダメ!と言えない自分に腹が立ちます。
もしやり返されたらどうしようって気持ちがまだどこかにあるのだけれど、ビシッと言えるようになりたい。
あぁ、でも迫力にイマイチ欠けるんですよね。わたし。


興奮した後にどっと疲れが。。。
気分転換にお昼休みに近くの公園にお散歩に行って来ました。
水仙がとってもきれいでちょっと癒されました。

08april-004.jpg



でもその後も、あてもなくふらふらとやって来ては何かやらかしそうな子供たちの後が途絶えません。
困ったもんだ、全く。。。
スポンサーサイト
この記事のURL | ひとりごと | CM(8) | TB(0) | ▲ top
<<さよなら?プラムの木 | メイン | 春の困りもの>>
コメント
-  -
こんにちわ。前のコメントではたいへん失礼しました。ごめんなさい。
世界どこでも子どもたちへの大人の対応は問われていますね。
紅茶に囲まれる生活しかもお仕事なんて
うらやましいな。紅茶だいすきです。
やはりバラの季節なんですね。ありがとう。
コッツウォルズ、湖水地方、あこがれです。
2006/04/09 03:11  | URL | みえこ #-[ 編集]
-  -
お疲れ様です~。
あ-子供はホントに大変ですよね。
しつけがなっていない子供を見ると親は何してるんだ?と見下してしまいます。将来気をつけなきゃ・・。

わたしの働いているお店にも子供たちがわんさとやって来ます。
ジュニアの洋服も売っているのですが、アクセサリーコーナーは目が離せませんよ・・。
この間は明らかに万引きされてる感じだったので、「両手を広げてみせて」というとものすごい勢いで食って掛かられたけれど、無理やり手を開かせると両手一杯に小さなアクセサリーとチャームを握りしめてました。なんて言っていいか分からなかったけれど「Would you like to pay for those or leave these now or do you want me to ask manager for calling police?」というと投げ捨てるように取ったものをカウンターにおいて出ていきました。12、3歳くらいの子に「ビッチ!」って言われちゃったよ。

冷静に「please」までつけて文句をいう方がある意味迫力あると思うよ。
でも悔しいのは良く分かります~。
負けずにがんばろうね!
2006/04/09 21:40  | URL | kao #-[ 編集]
- 教育が -
ずれているんですね。親が子供を監督できなくなってきているからだと思います。張り紙(売り物のカップを使ったら弁償!)も効果ないかもしれませんね。How dare you!とかI'm going to call policeなどと言ってしまいたくなりますが、こういう子たちってあとで仕返しをしたりするから恐いんですよね。でも駄目なものは駄目、 悪がきドモに負けないで下さいね。
2006/04/09 22:46  | URL | Nori #ENr1lzNs[ 編集]
- そんなことがあったんですね。 -
確かに、日本は“お客様は神様”という考え方が定着しているし、お客様に対してNoとはいえない環境になっていますね。私の働いている★bucksでは“just say yes”というポリシーがあって、可能な限りお客様の要望をかなえなくてはいけません。たまにとんでもないことをおっしゃる方もいらっしゃいます。

でも困りますね、そんなお子様。確かハロウィンのときも悪さをされたとかなんとか。一部だとは思いますが、私がステイしていたあたりは、ちょっと不良っぽい子供が多かった気がします。
2006/04/11 09:12  | URL | Soe #-[ 編集]
- 嫌ですね -
商品にたらたらクレームをつける大人の方がかわいく思えちゃいますね、末恐ろしいかぎりです。
子供だから見つかってもそんなにたいしたお仕置きは受けない、とわかってやっているようなところが許せないです。
本当に信じられないことをする子供が後をたたないですね・・。
お疲れ様です、何かいい気晴らししてくださいね!
2006/04/11 14:17  | URL | ikkiboo #-[ 編集]
-  -
>みえこさん
コメントの件は気になさらないで下さいね。
そうなんです、イギリスでも子供に手を上げたら法律で罰せられるそうですし、複雑な世の中になりましたね。
私たちが子供の頃は他人からでもしかられたものですがね。。。
コッツウォルズ、行ったことはないのですがとても素敵なところのようですね。
実はイギリスにいながら国内を旅行していないもので。。。もっといろいろなところに出かけないとダメですね。

>kaoさん
うわ~、kaoさんのところもやられてますね。
でもkaoさんの冷静で落ち着いた対応、素晴らしいです~。
私なんて頭に血が上って自分でなに言ってるのかも分からなくなってしまって。もっとしっかりしないとだめですね。
お互い大変なこともありますが頑張っていきましょうね。
2006/04/12 21:16  | URL | kay #-[ 編集]
-  -
>Noriさん
親が子供を監督できなくなっている、まさにそうですね。出来れば巻き込まれたくないと思うのが本音ですが、間違っていることは間違っていると大人が教えなければいけないですよね。
く~っ!となることも多々ありますが、これからも頑張ります。応援ありがとうございます♪

>Soeちゃん
家の周りもたまに子供たちがたむろってることがあるけど、Soeちゃんが住んでいたあたりはさらにって感じだったよね。Soeちゃん無事でよかった。
私たちも客の要望には応えるようにしてるけど、だめなものはだめなときもあるのよ~。
そうか、☆bucksでは多少のワガママ聞いてもらえるのね。何か考えておこ~っと。
2006/04/12 21:38  | URL | kay #-[ 編集]
-  -
>ikkibooさん
子供だから怒られないだろうって思ってやってるの、本当に許せないですね。
私の知り合いの、子を持つ親は、ガツンと言ってやりなさい!って言うのですが、子供への対応はやっぱり躊躇してしまいます。
子供の団体が来るとちょっとビクビクしちゃうんですよ。気晴らし必要ですね~。美味しいものとか食べに行きたいですね~。


2006/04/12 22:03  | URL | kay #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kaypot.blog11.fc2.com/tb.php/92-8bd6459c

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。