スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
さよなら?プラムの木
2006/04/13(Thu)
プラムの木にさよならするはずだったのですが・・・

と言うのも、先週末、排水溝が詰まってしまい、自分たちでいろいろ試してはみたのですがなかなか直らないので業者に頼んだのです。
日曜日ということで空いていて、すぐ来れる、かつ価格の安いところはそれほどなく、とりあえずすぐ来てくれるところに頼みました。

午後5時30分、約束の時間より30分遅れて愛想の悪い中年男性がやって来ました。あ、この人が業者の人だったんですけど。

とりあえずホースなりいろいろ突っ込んで調べてもらったら、どうやらメインの配水管に、プラムの木の根っこが入り込んで詰まっているとのこと。それに、このまま根が伸びると配水管を圧迫し他にも影響がでてくるとのこと、で彼が下した決断は、

プラムの木を切る。


まさか、こんなところでこんな状況に遭遇するとは思ってもみませんでした。
と言うのは、約3年位前に訪れたよく当たると言うロンドンの占い師にこう言われたのです。

“いつか、木を切るように迫られることがあるでしょう。でも阻止してください。”

夫から木を切らなければいけないそうだ、と聞いたとき真っ先にあの占い師の言葉が頭をよぎりました。
一瞬血の気が引いて、どうしようとちょっととまどいつつ、阻止しなければと思い、夫にどうにか木を切らずに済まないか頼みました。
占いのことがなかったとしても、30年以上もここに植わっている木を人間のわがままによって切ってしまうことに納得がいきませんでした。
それに、木をある程度切って、そこに毒を流して根が育たないようにする、というやり方にも疑問がありました。
でも結局、大家さんも木を切ることに納得しその方向で進むことになってしまったのです。

前日、ベッドルームから見えるプラムの木を見ながら、もうここからこうやって木をぼーっと眺めたりすることもないんだな、と思っていると急に寂しくなってきて、そう思ったとたんここから離れたくなくなって、プラムの木をぼんやりと見ていました。すると、それに気付いた夫が寄ってきて、kayの気持ちは分かる、でも木を切らないと他に方法がないのだから仕方がないよ、となぐさめてくれました。そしてここから一緒にさよならをしようとプラムの木に別れを告げました。

plumtree01.jpg

                    プラムの木最後の日。


次の日、愛想の悪い中年男が電動のこぎりとおのを持ってやって来ました。
そして、ばっさばっさと切っていって庭中が切り枝だらけになっていきました。
私は見ているのが辛かったのだけれど、男の仕事ぶりも気になるし見届けることにしました。
途中夫が会社から戻り、手伝いに加わり、作業はぼちぼちと進んでいきました。

plumtree02.jpg



ところが、次の日も、その次の日も男は来ませんでした。
きっと雨だから来なかったのだろう。でも朝の2,3時間は晴れていたしその時間には仕事が出来たはずと思い電話してみると、やはり雨だったから来なかったとのこと。
でも庭は荒れ放題だし、ほかに直して欲しいところもあるので来て欲しいと言うと、嫌な顔をしながら男はやって来ました。
それも、昼過ぎにと言っていたのに現れたのは4時過ぎ。
結局暗くなってきて雨も降ってきてしまったので6時には帰ってしまいましたが。

そして、今日も雨。
仕事の再開を待つおのが寂しげに木に刺さってます。

plumtree03.jpg



この時間が、すごくもどかしい。
すぐになくなってしまったのならあきらめがついたけれど、じわじわと
切られていく木を見ていると、なんだか訴えられているような気がしてならないのです。
もしかしたら作業をやめさせるよう説得するための時間を与えられているのかもと思ったりもして。
たかが占いだけれど、実はかなり翻弄されています。
もし、あのとき、木を切ったらどうなるの?って聞いていたら・・・とも思ってみても、もう過ぎてしまったこと。
連絡先も分からないし今さら聞くことも出来ません。
みなさまの中にもこのような経験がある方いらっしゃいますか?




スポンサーサイト
この記事のURL | 暮らす | CM(5) | TB(0) | ▲ top
<<ロイヤル・ビジット | メイン | くやしい~っ!!>>
コメント
-  -
こんにちは!
うち(イギリス)もついこの間でっかい木を3本ほど切り倒しました(笑)。その3本のせいで、庭に日が当たりにくかったので。。。
今は日もいっぱい当たるのですが、庭の様子が返って目立ってしまい、イギリスに戻ったらガーデニングに目覚めなければならなそう。。
2006/04/13 15:35  | URL | mist #-[ 編集]
- 占いあたったんですね・・ -
私も、それほど迷信深いつもりはありませんが、もしkayさんと同じ状況になったら絶対に頭から離れないだろうな、と思います。
阻止してください、というのは、その後の運勢が変わってしまうとか・・?
もしそうなら、やはり切りたくない、と思いますが、大家さんの持ち物だとしたら、それはカウントされない、とするのがいいかな??なんて・・。
でも本当に見事なプラムの木だったんですね。残念ー。
2006/04/14 23:12  | URL | ikkiboo #-[ 編集]
- 見事なプラムの木ですね。 -
そのプラマ-、いいかげんですね。他のプラマ-にあたってみたほうがいいのでは?占いがどうこうというより、これはプラムの木は切られるべきでないっていう運命の象徴だったりして。
2006/04/15 08:25  | URL | Nori #ENr1lzNs[ 編集]
-  -
ネットを漂っててここに漂着したのですが…
木、なんとか生かしてやりたいですよね~…せめて移植とかできないんでしょうか? 或いは植木屋さんに引き取ってもらうとか…
初対面で勝手な意見言って申し訳ないんですが、ついコメントしてしまいました。
2006/04/16 04:39  | URL | amikajpn #WmK.IzD6[ 編集]
-  -
>mistさん
3本ばっさりですか・・・すごい。
でも日当たりがよくなってよかったですよね。
ガーデニングは奥が深いですよ。
是非ガーデニングを始めて紹介してくださいね。
>ikkibooさん
ikkibooさんのおっしゃる通り、大家さんの持ち物だと思ってカウントしないってのが最もだと思います。夫にもこれは僕たちのじゃないし、と言われたし。
でもとっても大きな木だったのでもったいないです。プラム酒とかジャムとか楽しみにしていたのにその楽しみが1つなくなってしまいました。(泣)

>Noriさん
このプラマーは本当に最悪です。でも別のプラマーは途中までやってある仕事を受け継いでやるのを嫌がるそうですね。今のところ様子を見てますが、変わらないようだったら別の人を探すつもりです。
木を切るな、と言われたのは、最悪なプラマーに当たって、この作業が長くなることの暗示だったのかな・・・とも思ってます。

>amikajpnさん
はじめまして。ようこそです。
私も移植を頼みましたが、木を掘り起こすとなると莫大な費用がかかるそうで、大家さんは出せないし、私たちも無理です。
木の診断士に見てもらうだけでも相当な費用がかかるし、手頃な値段で処理してくれる業者に頼むしかなかったのです。ただあまりにも引きずってることを考えると、この判断が正しかったのかどうかとも思うのですが。。。
2006/04/16 21:30  | URL | kay #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kaypot.blog11.fc2.com/tb.php/93-9994b9e7

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。